独り言、あれこれ

今日の日付入りカレンダー


07 ≪ 2017/08 ≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリー

リンク

プロフィール

梅もどき

Author:梅もどき
※保存食作りを趣味にしています。中でも、梅干し作りには、思い入れが深いです。
※コメントは、都合により閉じさせていただいています。
※リンク用バナーにどうぞ↓
独り言、あれこれバナー

♪BGM

©Plug-in by PRSU

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅干しが、まろやかに
2009.2.19 003日記

昨年漬けた梅干しを、今日初めて出してみました。
半年以上置くと、干したての突き刺すような感じがなくなり、まろやかで食べ易くなります。
家族皆で、毎日、1個ずつ!
スポンサーサイト
梅の土用干し終了 -2008-
ようやく、梅の土用干しが終わり、ホッとしています。
昨日残しておいた2ザルの梅も、程よく乾きましたので、今朝、瓶と甕に詰めました。↓

2008.07.24 001保存

昨夜は、軒下で「夜干し」しましたが、突然の雨ということもありますので、安眠できませんでした。

  

梅干し作りは、漬けてから干すまで、約1カ月の長丁場です。
塩漬けしてからは、カビや梅酢の濁り等を毎日チェック!
マメに点検しないと、あっという間に梅をダメにしてしまいますから。

拙ブログには、「梅酢の濁り」の検索で、訪問して下さった方がかなりいます。
梅酢が濁ってしまった方が、結構多いんですね。
私も、梅干し作りを始めたころは、梅酢の濁りを経験しています。
こうなると、ホワイトリカーで一つ一つ梅を洗って干し、梅酢を漉して煮立てて冷ましたなかに、漬け直すという手間のかかる作業になります。
そして、何より、カビや濁りは気分的に落ち込んでしまい、梅干し作りが楽しくなくなってしまいます。
そんな苦い経験から、私は、梅の管理には、人一倍気を使います。
それだけに、無事に土用干しを終えると、肩の荷が下りたようです。
今夜は、やっと、安眠できます。
土用干し4日目 -2008-
朝、ジャンボサイズの梅だけを残して、引き上げました。
わが家の梅は、Sサイズ~3Lサイズまでと、バラエティーに富んでますので、時間差で保存します。

大の盆ザル2枚になりました。ここまで来ると、あと一息!

2008.07.23 007土用干し4日目

昨夜は、雨は降りませんでしたけど、曇り空でしたので心配で家の中に取り込みました。
今日は、晴れたり曇ったりと落ち着きのない天気ですけど、時々ギンギラギンの太陽が覗くので、ほぼ満足です。
土用干し3日目 -2008-
土用干し3日目の梅の様子です。↓

2008.07.22 008 土用干し3日目

梅が白っぽくなり、シワも多くなりました。
昨日の午後から今日の午前中にかけては、曇りがちの天気でしたが、午後は良く晴れてます。
夜は、雨の予報なので、要注意です!

小粒の梅は、これ以上干すと種と皮だけになってしまいますので、午後引き上げて、瓶に詰めました。↓
梅を1段詰めたところに、カラカラに干した赤紫蘇をのせ、ホワイトリカーをシュッと吹き付けてから、赤ザラメを大さじ1杯パラパラと振り掛けます。

2008.07.22 012 瓶詰め

9枚あった盆ザルは、6枚になり、少し楽になりました。
土用干し2日目 -2008-
午前中は、まずまずのお天気でしたけど、午後は曇りがち・・・
土用干しのタイミングを外したかと思いましたが、もう引き返せません。
干すっきゃないです・・・
曇っていても気温が高いので、乾くには乾きますけど、土用干しには、ギンギラギンの太陽が似合いますからね。
ギンギラギンといえば、20年以上も昔「ギンギラギンにさりげなく」(by近藤真彦)なんていう歌が流行りましたっけ・・・古いですね(笑)。
自分流に、"内に秘めたものは大きいのに、さりげなく振る舞う"と解釈して、結構今でも気に入っている曲なんです。

というわけで、2日目の土用干しの様子です。↓

2008.07.21 006土用干し2日目

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。