独り言、あれこれ

今日の日付入りカレンダー


05 ≪ 2017/06 ≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリー

リンク

プロフィール

梅もどき

Author:梅もどき
※保存食作りを趣味にしています。中でも、梅干し作りには、思い入れが深いです。
※コメントは、都合により閉じさせていただいています。
※リンク用バナーにどうぞ↓
独り言、あれこれバナー

♪BGM

©Plug-in by PRSU

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巾着田の曼珠沙華(彼岸花)
IMG_2087レン敬老の日、埼玉県日高市の「巾着田(きんちゃくだ)」に、曼珠沙華を見に行ってきました。
丁度見頃で、「赤い絨毯を敷き詰めたような」という表現がピッタリ!
ココは、100万本の曼珠沙華の群生地として、全国的に有名なようです。

巾着とは、蛇行した高麗川(こまがわ)に囲まれた平地が巾着のような形をしていることに由来しているようです。

「地元では川原田と呼ばれている。8世紀にこの付近に移り住んだ高句麗からの渡来人が、大きく湾曲した高麗川を利用してこの地を開墾して田を作り、稲作を伝えたと言われている。」(引用)

花好きの母が、かねてから行ってみたいと言っていた所でしたので、敬老の日に良いプレゼントが出来たと自己満足しています。

母によれば、曼珠沙華は、「花が咲く時季には葉が無く、葉があるときには花は無し」というところから、「葉見ず、花見ず」と言うそうです。

「白花曼珠沙華(しろばなまんじゅしゃげ)」も、極稀に咲いてました。

曼珠沙華は圧巻でしたが、帰りの渋滞が凄かった~。
のろのろどころか、進まないんです。駐車場を出るまでに、1時間近くかかってしまい、帰宅時間もかなり遅く、非常に疲れた花見でした。

「行きは良い良い、帰りは怖い」とは、このことかな(笑)。

スポンサーサイト
シデコブシ
モクレン科のシデコブシです。
木蓮よりは、小振りで、薄ピンク色の清楚な花です。

2009.3. 001コブシ
万年青(オモト)
我が家の庭の万年青(オモト)の実です。
ユリ科で、原産地は、日本or中国とのこと。

2008.12.10 002

我が家では、滅多に見たことがないので、貴重です!
5~6月頃に、白い花が咲くらしいのですが、気付きませんでした。
オモトは、万年青と書くことからもわかるように、葉が常緑です。
オレンジ色の実は、君子蘭の花の色と似てますね。
地面にはりつく様な位置ですので、さすがに、鳥も啄ばみに来ないのではないかと・・・

万年青に人をプラスで、万年青年。
万年青年といえば、加山雄三さんをイメージしてしまいます。
古い人間なもので・・・
里の紅葉
2008.11.19 012

我が家から見える、標高約480mの山も、紅葉してきました。
深山の紅葉のように、澄んでませんが、家に居ながらにして見られる紅葉というのも、なかなかです。
吉祥草(キチジョウソウ)
我が家の庭に咲いている吉祥草(キチジョウソウ)です。

2008.11.03 004花

生い茂った葉の根元に、可憐に咲いています。
今までも咲いていたのかもしれませんが、初めて見ました。多分、見落としていたのかも・・・
今年、すぐったのが良かったのかどうか?

ユリ科で、日本から中国が原産。
ヒヤシンスの小型版のようにも見えます。
それにしても、この花の名前、縁起が良いですよね~。
この花が咲いた家には、良いことがあるそうですから、期待してみます(笑)。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。