独り言、あれこれ

今日の日付入りカレンダー


07 ≪ 2005/08 ≫ 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリー

リンク

プロフィール

梅もどき

Author:梅もどき
※保存食作りを趣味にしています。中でも、梅干し作りには、思い入れが深いです。
※コメントは、都合により閉じさせていただいています。
※リンク用バナーにどうぞ↓
独り言、あれこれバナー

♪BGM

©Plug-in by PRSU

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とば
20050831230112.jpg友達が、北海道のお土産「とば」を届けてくれました。
「とば」? 初めて聞く名前ですねぇ。
検索してみたら、「とば」は、アイヌ語で「群れ」のことだとわかりました~。
秋になると群れをなして川を遡る鮭を、薄塩で処理し冬の寒風で熟成乾燥させたものだそうです。アイヌ民族の保存食だったんですね。
ほんと、薄味で食べやすく、うまみが濃縮されている感じです。
お酒のつまみに合いそうですね。
スポンサーサイト
Tシャツ
20050830232947.jpg俳画と水墨画をかくのを趣味にしている叔母は、いろいろなものにかいています。

色紙や短冊を始め、Tシャツや釜飯の蓋などにも。

←は、釜飯の蓋にかいた「葱坊主」を縮小してTシャッの絵柄にしています。
シンプルなデザインでお気に入りで~す。
ぬか漬け
20050830001506.jpgぬか漬け 大好きです。浅漬けも好きですけど、ぬか漬けのような風味は味わえない気がします。
茄子のぬか漬けは、出したては←のようにきれいな紫紺色をしています。空気に触れると、すぐに茶色くなってしまいますので、我が家では茄子のぬか漬けは、食べる直前にぬか床から出すようにしています。彩りもご馳走のうちですよね。
ぬか漬けは、ヨーグルトと同じ乳酸菌が生きていますし、ビタミンB1やCも豊富で、体にと~ってもいいですね。「食卓の名わき役」って気がします。
私は、朝晩ぬか床をかき混ぜていますので、すっかりぬかみそ臭くなっておりまーす。(笑) 指輪はぬかみそが間に挟まるので、はめたことがありませ~ん。
北東北~その3~
水深423m 日本一深い湖の田沢湖を一周(約20km)してみました。
遠浅になっている所もあれば、荒々しく波が打ち寄せて怖いくらいの所もあり変化に富んでいますね。「御座石神社」には、龍の姿のたつこ姫像がありました。
「かえる石」を見たかったのですが、道端にヘビがいて「ぎゃ~~!」。残念ながら見られませんでした。岩手大学の学生さんが合宿に来ていて、競歩や長距離の練習をしていましたが、ヘビ 大丈夫だったかな?
湖の西岸には、田沢湖のシンボル 黄金色の「たつこ像」が、たたずんでいます。高村光太郎の門下生の彫刻家、船越保武(ふなこしやすたけ)作とのことです。
永遠の美を願ったたつこさんが、龍に変身して、湖底に身を沈めたという哀しい伝説があるんですね。やや体を傾げたたつこさん 美しいですね~。うっとり。沢山写真を撮りました。ネットで知り合った静さんが、田沢湖に惹かれるのがわかる気がします。「田沢湖ビール」と「たつこ像」のミニチュアをお土産に買いました。

20050827151921.jpg

田沢湖の余韻に浸りながら、最後の目的地「小岩井農場」へ。
約3000万平方メートルという広大さ 緑色の草地が、気持ちいいで~す。レアチーズケーキとヨーグルト、コーヒー牛乳を満喫しましたー。濃密な味でした。

20050827151951.jpg

東北自動車道盛岡ICから乗り、一路我が家へ。栃木県の大谷PAを過ぎたあたりから雨脚が強くなりました。台風が来ている中、今まで良く持ちこたえてくれたなぁ。私は、雨女ですが・・・。

今回の旅は、今まで車で出掛けた中では最も長距離でした。ドライブ好きな夫の意向に沿ったものです。家族だけで気ままに回ったので、リフレッシュ出来ました。
北東北~その2~
20050827151747.jpg東海から関東にかけては、台風が接近しているようでしたが、北東北ではからっと晴れたよいお天気でした。
→は、青森市内の「三内丸山遺跡」です。縄文時代前期から中期(約5500年前~4000年前)の人々の生活を知ることが出来る貴重な遺跡で、平成12年に国の特別史跡に指定されたようです。出土品の多さに驚きです。

「棟方志功記念館」は、青森市出身の板(版ではない)画家・棟方志功の作品が約600点も収蔵されているそうです。色彩が鮮やかで、ふっくらとした顔が特徴ですね。「わだばゴッホになる」の言に因んで、庭には向日葵が植えられていました。

八甲田山(1500m級)を、車窓から眺めながら十和田湖方面へ。雪中行軍遭難者に思いを馳せながら・・・。

20050827151830.jpg←は、奥入瀬渓流の美しい流れです。遊歩道を少し歩いてみましたが、迫力満点の素晴らしい眺めでした。遠い昔、上高地の梓川岸を歩いたことを思い出しました。紅葉もきれいだろうなぁ。


20050827151901.jpg彫刻家で詩人の高村光太郎制作のブロンズ像「乙女の像」は、十和田湖のシンボルですね。智恵子夫人をイメージしたとされ、台座には智恵子の故郷、福島県産の黒御影石が使われているんだそうです。静かな湖にぴったりですね。

東北自動車道の十和田IC~盛岡IC。さらに、一般道を暗い中走り田沢湖へ。途中で電話を入れましたが、宿に着いたら8:00でした。嫌な顔もせず、温かくもてなして下さり、感謝です。
北東北~その1~
8/23 朝5:40出発 東北自動車道「佐野IC」から乗り、北へ北へ・・・。
途中雨に降られ、スピードが出せない時もありましたが、比較的順調でした。
岩手県の「安代JCT」から八戸自動車道へ。空いてましたね~。ほぼ貸し切り状態でした。「八戸IC」で降りて、一般道をひた走り、斧に似ている下北半島の「恐山」へ。着いたのは、午後4:00でした。走行距離860キロ。武田鉄矢さんの歌「♪思えば遠くへ来たもんだ~」が、口をついて出てきましたー。(笑)

恐山は、高野山、比叡山と並び、日本三大霊山の一つに数えられているそうです。死者の魂が集まる霊場ですが、思っていたほど霊験あらたかという気はしませんでした。あちらこちらでイオウが噴出していましたので、草津に似ているような気が。

浅虫温泉泊。「ホタテのずんだ添え」が美味しかった~。

20050826235932.jpg

本州の北の果てまで!
車で、青森県→秋田県→岩手県の名所巡りをして来ました。

全走行距離 1700キロ余り。遠かった~。

台風の影響は受けず、助かりました。
旬のイチジクで・・・
20050823002602.jpg

20050823002632.jpg

今年は、イチジクが沢山実をつけましたので、↑の2品を作ってみました。
つかまんさんご紹介の「生ハムのイチジク添え」
イチジクの甘みと生ハムのほのかな塩気が、不思議な味を醸しだします。イチジクをカットして生ハムを巻くだけですので、超簡単です。デザートにいかがでしょうか。

イチジクジャム 初めて作りました。作り方はいたって簡単で、三温糖とレモン汁を入れて煮詰めていくだけです。私は、果肉が少し残る位のところで、火を止めます。梅ジャムと同じような色になってしまいましたが、三温糖を使っているのでどうしても似てしまいますね。イチジクの70%のお砂糖を入れましたが、もう少し控えても良いかも。イチジクはジャム作りに欠かせないペクチンが多いそうです。土鍋にどっさり出来ましたので、友達にも分けてあげましょう

今日から、ちょっと北の方へ行って来ます。台風が来てて、天気悪そうですが・・・。
稲荷ずし
20050822102951.jpg
久しぶりに、稲荷ずしを作りました。
子供の頃、母が良くお祭りや遠足の時作ってくれたものです。

「稲荷」は、五穀をつかさどる神で、狐は稲荷の使いとされていますね。油揚げは、その狐の好物なので「お稲荷さん」と呼ばれているようです。
実家では、そのものずばり「あぶらげずし」なんて呼んでいました。
五目ずしを油揚げの中に入れる人もいますが、我が家では、家族の希望で白いすし飯です。
花火
昨夜、隣町で花火が上がっていました。
家に居ながらにして、2階から花火を見られるのは、何とも贅沢な気分で~す。

→は、叔母にもらった色紙です。

 " 照り込みし 空に花火の あがるかな/万太郎句"

以前は、競艇場で「花火大会」がありましたが、財政難(?)のせいか、立ち消えになってしまいました。間近で見る花火は、迫力があったなぁ。
ゴーヤチャンプルー
20050819232318.jpg
夏バテ予防に、ゴーヤチャンプルーは、いかがですか。

ゴーヤの苦味が好きです~。
最近は、地元でも栽培が楽だとかで、ゴーヤを作っている人が結構いるようです。

今回は、豚肉、ゴーヤ、豆腐、卵をみりん、酒、ダシ醤油で、あっさり味に仕上げました。卵を使い切りたいので、3個使いました。
暑い時には、スタミナをつけないとね。^_^;
庭仕事
今日も、またまた暑い日ですが、庭仕事に精を出しました。

お盆前にきれいにむしった草が、もうあちらこちらに生えてきて気になります。木の枝も、やたら威勢がいいですね~。
草むしりは、「先手必勝」で、小さいうちにむしるように心がけてはいるのですが、あまりに伸びが速くて、ついつい後手後手に・・・。

弁慶の七つ道具ではありませんけど、庭仕事には↓のようなツールを揃えています。女庭師なんて言われています。(笑)
午前中3時間、炎天下での屋外作業は汗びっしょりですが、家の周りが綺麗になると気持ちいいでーす。

20050819145446.jpg

ラタトゥイユ
20050818135402.jpg我が家の夏の定番料理「ラタトゥイユ」を作りました。オリーブ油で、にんにくと鷹の爪を炒め、香りが出たら火の通りにくい野菜から順番に入れていきます。
野菜は、ナス、ズッキーニ、セロリ、カボチャ、ピーマン、トマト、タマネギ、オクラ、インゲンなど等。今回は、6種類使いました。
冷蔵庫の残り物の整理が出来ま~す。
水は一切使わずに、野菜から出る水分だけで炒めて煮込みます。味付けは、塩とこしょうのみですが、それぞれの野菜のうまみが、複雑に絡み合って美味しいです~。トマトは、完熟を使うとベストですね。
カクトラノオ(角虎の尾)
20050816143231.jpg

今年もまた、我が家の庭にカクトラノオが、咲き始めました。
この花が咲くと、「夏も終わりに近いなぁ」と季節の移ろいを感じます。
ピンクがかった薄紫色の上品な花なのに、こんないかめしい名前がついているんですねぇ。
何でも、茎が角張っていて、花が虎の尻尾に似ているからだとか。
似ているように見えますか?
葉っぱの縁は、のこぎりのようにぎざぎざになっています。
丈夫で、病害虫も寄せ付けず、どんどん増えます。たくましいです。

ミニのBBS を設置しましたので、気軽に書き込んでください。
無花果(イチジク)
20050816143207.jpg

無花果が、熟し始めました♪赤黒く熟した実が見えます。
私の周りには、なぜか無花果が嫌いな人が多いのですが、私は大好物で~す。
1日に1つずつ熟すので、「一熟」とも言われるそうですが、ほんとに毎日少しずつ熟すので、長く楽しめます。
無花果と書くので、花が咲かないと思われがちですが、実は果実の中の小さな白いものが花なんですね。
毎年、鳥に先を越されてしまいます。鳥が、啄ばんでいる姿を一度も目撃したことはないのですが、今年もすでに、5~6個食べられていましたー。
急いで、防鳥網をかけましたが、今度は下の隙間から入って、またまた食べられましたので、木ごとすっぽり覆いました。ちょっと、無花果には気の毒な気もしますが・・・。鳥も、エサを求めて必死なんですね。
今年は、実のつきが良さそうなので、ジャムでも作ろうかなぁと、目論んでいる所です。楽しみだなぁ。
昼ばてい
我が家では、「昼ばてい」といって、お盆中はお昼にうどんを食べることが多いです。
茄子や胡瓜に棒で足を付け、トウモロコシの毛を尻尾に見立てて「馬」や「牛」を作ったりしますが、先祖が帰る時の乗り物になるんですね。
「ばてい(馬丁)」は、「うまかた」のことで、馬の手綱に例えてうどんを食べる風習になっているようです。今日は、「ひやむぎ」にしました。

庭に、茗荷が、顔を出していましたので、茗荷を炒めたつゆで食べました。茗荷の香りに食欲をそそられますね。



炊き込みご飯の素
20050814012238.jpg

市販の「炊き込みご飯の素」は、手軽に出来て便利ですが、手作りに比べて具が少なかったり、味も劣っていることが多いような気がします。
その点、きのこ茶屋の炊き込みご飯の素は、きのこの具がたっぷりで、味もきのこのダシがきいていて、満足できるお味です。
しめじ、椎茸、舞茸など6種類の味を楽しむことが出来ます。
値段は、3合炊きで500円弱。少々お高いかもしれませんが、お勧めの地元商品で~す。
盆迎え
20050813125501.jpg近くのお寺に、提灯を提げてご先祖様を迎えに行きました。
提灯の火を消さないようにして持ち帰り、仏壇のろうそくに火を移します。
かつては、「盆棚」を作りましたが、最近は仏壇で済ませてしまっています。花や果物、おはぎなどをお供えするだけです。
子供の頃は、茄子に棒で足をつけて、「牛」を作ったりしたものです。先祖の霊が、帰る時の乗り物だとか。
我が家では、昔ながらの風習もどんどん簡略化されてきています。

ミニサイズの天気予報を、表示しましたので参考にして下さい。^_^;
掃除機
20050812145127[1] 掃除機掃除機に電源を入れた途端、「プシュッ」と音がして動かなくなってしまいました ><。。。
電気屋さんの言うことには、「修理代は最低でも1万円かかります。買ったほうが、安いですよ~」ですって。仕方なく、買うことに。
種類が多くて、あれこれ迷いましたが、→の掃除機を買いました。
今まで、94年製のものを使っていたので、掃除機も進歩したものだなぁと感心しきり。
 ・吸い込み仕事率が、620Wと大きいのに、以前のと比べ音が小さく掃除機に引っ張られる感じがない。
 ・パワーブラシの先に、ソフトバンパーがついているので、壁に密着して、壁際のゴミもよく取れる。
 ・ロングノズルのパイプが平たいので、隙間の掃除が良く出来る。しかも、ゴミをかきだせるよう、ノズルの先にもブラシがついている。
 ・ブラシの植毛部からマイナスイオンが発生し、細かい埃も吸い込むなど等。
今まで我が家では、「ナショナル」「日立」と使ってきて、「三菱」は、マイナーなイメージだったのですが、今回ちょっと見直しました。
3万円弱の臨時出費は、痛いですけど、結構優れものなので良しとします。
水墨画
20050811143515.jpg

叔母(母の妹)は、30年以上も俳画をかいています。最近は、水墨画も始めたようです。
今回、喜寿のお祝いに「牡丹の水墨画」を、プレゼントしてくれました。
墨で、濃淡を出すのはかなり難しそうですが、墨一色だけというのも、なかなか上品な感じです。
鶴太郎さんほどではありませんが、やはり外界の雑音をシャットアウトして、無我の境地でかいたそうです。
実家の特等席に飾りました。
レトルト食品
20050810143431.jpg丸大食品のカルビ丼の具を、 10袋頂きました。
レトルト食品には、いま一つ馴染めない私ですが、これは気に入りました。丼といっても、普通のご飯茶碗一杯に丁度よい量なので食べ易いです。
牛肉が、軟らかくて、い~いお味です。^_^;
今、夏休みで子供が家にいます。お昼が忙しい時には大助かりで~す。
片岡鶴太郎さん
20050809155440.jpg→は、「片岡鶴太郎美術館」です。草津ホテルに隣接してあります。
鶴太郎さんは、飄々としていてユーモアがあり、味のある人ですが、作品もまたいい味を出しています。魚の絵は、「欲しいなぁ」と思うものが、多かったですね。

20050809155456.jpgこんな葉書が、ありました。心に響く文なので、買ってみました。
  山に雲が寄り添うように
  海に月が寄り添うように
   心が近寄るあなたと私
   今宵は語り尽きない
という文意だそうです。
草津から野反湖へ
2日目の8月7日は、「草津熱帯圏(けん)」から六合村(くにむら)の「野反湖(のぞりこ)」へ。
草津熱帯圏は、高さ15メートルのドームの中に、熱帯の動植物が生息しています。
20050808144041.jpg体調13センチの大型カブトムシ「ヘラクレス」です。角の形によって値段が決まり、1万円前後だとか!!びっくりですねぇ。



20050808144108.jpgこのワニ、ず~っと口を開けたままです。剥製かと思った程。




野反湖は、標高1514メートルに位置し、ニッコウキスゲで有名です。今の時期は、キスゲは終わり、その他の高山植物が、色とりどりに咲き競っています。涼しいというより寒い位で、上着が必要でした。

20050808000822.jpg「アキノキリンソウ」 可憐です。キリンソウというだけに丈が高く、強い風を受けながらも、踏ん張っている感じがいいですね。



20050808144129.jpg「マツムシソウ」 薄紫色の気品のある花です。蜂が、一生懸命に蜜を吸っていました。




2日間とも、良い天気に恵まれ、両親も喜んでくれましたので、良い旅が出来たと思っています。また、次の機会に行けるよう、両親にはくれぐれも無理をしないで、健康に気をつけて欲しいと、しみじみ思いました。
草津よいとこ一度はおいで♪
両親の喜寿を祝い、草津温泉に一泊旅行しました。両親、妹家族と総勢9人 身内だけの気ままな旅です。
白根山の麓にある草津温泉は、標高1400メートルの高さにあります。明治の初めに、ドイツのベルツ博士によっても認められた全国的に有名な温泉です。

20050808000736.jpg←は、ライブカメラでも有名な「湯畑」です。硫黄の匂いが立ちこめていて、名物の「湯の花」も見えます。草津温泉のシンボルだけに、絶え間なく人が訪れていて、「草津銀座」の感。
「足湯」をしました。かなり熱いですが、疲れが取れる気がします。

20050808000811.jpg→は、「西(さい)の河原公園」です。あちらこちらから湯気が上がっていて、湯の川が流れています。不思議な光景でした。川に足をつけて、のんびり過ごしている家族もいれば、露天風呂に入っている人もいます。ベルツ博士の胸像がありました。ここも、ライブカメラが設置してあります。

20050808000837.jpg←は、標高2160メートルの白根山です。下界は、猛暑だというのに、ここは涼しくて別天地です。最近では、昭和57年、58年に噴火があり、前回行った時には、「湯釜」まで行けなかったのですが、今回は行けました。エメラルドグリーンの何とも不気味な色をしていますね。夕方、ガスがかかっていて視界がちょっと悪かったです。

夕食は、余りに量が多すぎました。頑張って食べましたが、全員残してしまいましたー。
お祭り
20050806004810.jpg

第42回桐生八木節まつりが、昨日開幕しました。7日まで、桐生の町は祭り一色となります。
八木節踊りや子どもみこしパレード、屋台巡行、太太神楽、津軽三味線コンサートなど等、盛り沢山のイベントが繰り広げられます。
夜、お祭り気分を味わいに行って来ました。毎年のことながら、ものすごい人の数ですねぇ。人いきれがすごい!
焼き鳥、お好み焼き、焼きまんじゅう(群馬独特の食べ物)など食べ、1時間ほどで帰宅しました。

今日から明日にかけて、お出掛けでーす
麻の葉手拭い
20050805174717.jpg懐かしい「麻の葉模様の手拭い」を見かけ、思わずゲット!一つしか陳列されていませんでした~。
赤ちゃんの産着や女性の着物用の下着などで見かけた柄です。
何でも、麻は「魔除け」模様ともいわれているとかで、雷よけにも効果があるらしいです。それで、雷の時「蚊帳」の中に入るんですね。「お守り代わりにしようかな」なんて。
最近は、手拭いも麻の葉模様も、余りお目にかかっていない気がします。たまに見かけると、妙に郷愁を誘われます。
酷暑にこんなのはいかがですか(^_^;)
厳しい暑さが、続いていますね。朝から湿度が高くムシムシしています。汗かきの私は、ちょっと動いただけで、風呂上り状態で~す。

気分だけでも、涼しさを味わって頂ければと思い、画像(私のウォーキングコース)とサウンドをお届けします。

20050804141758.jpg


ONをクリックしてみて下さい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

少しは、癒されたでしょうか?
サウンドの配布は、こちらのサイトです。
梅仕事納め
残りの9キロの土用干しです。
20050803153258.jpg

ざるを洗って、また来年に備えます。
20050803153338.jpg

1ヶ月余りに亘る梅仕事が、今日終わりました。我が家の庭の梅も少し漬けましたので、正味1ヵ月半くらいかな。
毎年、梅の熟す頃になると、わくわく、そわそわしてしまいま~す。土用干しをしている間は、庭に出ると梅のいい香りがして、幸せな気分でした。無事に終わって、ホッとする反面、少々寂しい気もします。
「来年は、もっと沢山漬けようかな」なんて、もう来年のことを考えてしまっている私です。


※ ランキングに参加しています ※

www80_15_1[1]  banner_04[1]  

よろしくお願いします !
甘露梅(かんろばい)
20050801233233.jpg甘露梅 初対面でした。
地元の婦人団体の方の話では、青梅をカットして紫蘇で巻き、お砂糖を加え冷蔵庫で1年寝かせるんだそうです。コリコリとした歯ざわりと紫蘇の香りが絶妙な味を醸しだしています。色もとっても綺麗!
地元限定品で、販売開始から1時間で完売するほどの人気商品で~す。
私も電話予約入れてから、馳せ参じ、3個ゲットしました。
1瓶700円は、少々高い気もしましたが、手がかかっているのですから仕方ないですね。大事に食べます。
カマキリ発見!
庭の茂みの中に、こっそり隠れていたカマキリを発見しました♪
保護色ですね~。大きな眼が見えます。カメラの音にもピクリともせず、じ~っとしていました。いい子(?)です。
私の祖父などは、「かまぎっちょう」なんて呼んでいました。
カマキリを詠んだこんな句もあるんですね。
   「かまきりが片手かけたり釣鐘に/一茶」

20050801155525.jpg

本日、昆虫のテーマパーク「県立ぐんま昆虫の森」(←クリックしてみて下さい)が、わが市にオープンしました。広さが、東京ドーム10個分で、約1400種の昆虫が生息するそうです。わくわく、どきどき体験が出来そうですね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。