独り言、あれこれ

今日の日付入りカレンダー


09 ≪ 2005/10 ≫ 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリー

リンク

プロフィール

梅もどき

Author:梅もどき
※保存食作りを趣味にしています。中でも、梅干し作りには、思い入れが深いです。
※コメントは、都合により閉じさせていただいています。
※リンク用バナーにどうぞ↓
独り言、あれこれバナー

♪BGM

©Plug-in by PRSU

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランチタイム
菊を愛でた後は、楽しみなランチタイム(*゚▽゚*)♪
公園近くの「割烹 豊田」で食べることに。
ここのランチは人気メニューで、満席のことがありますので予約しておきました。

テーブル席、座敷、囲炉裏、カウンター席とあります。ゆったりとしていて、落ち着けますね。
20051031100852.jpg


メーン料理は牛ステーキや銀鱈の西京焼きなど5種類から選べます。
他に、特製ふりかけ、茶碗蒸し、サーモンサラダ、卵と野菜の炒り煮、漬け物。
デザートの飲み物とケーキも付いて、何と1000円
リーズナブルでしょ。
20051031100915.jpg

20051031100934.jpg


この日は、七五三のお祝いでほぼ満席でした。
囲炉裏を囲んで食べるというのも、乙なものですね

スポンサーサイト
関東菊花大会
県南東にある大間々(おおまま)町の「ながめ公園」へ、菊花大会を見に行って来ました。
「ながめ公園」は、上毛電鉄の大間々駅のすぐ近くで、「関東の耶馬溪」と呼ばれる景勝地「高津戸峡」を眺められます。

千輪咲きとも呼ぶ大作り、懸崖、盆栽など約1500鉢もの菊は、見ごたえ十分!! 菊がいい香りを放っていました。
↓の五重塔は、名物になっています。1株で出来ているとか。たいしたものですね。
20051030220636.jpg


園内には、昭和12年に建てられ、改修した「余興場」があり、落語や様々なイベントが行われます。風格がありますね~。今日は、民謡ショーが、あったようです。
20051030220700.jpg


群馬県は、鶴が舞う形をしていますが、大間々町は白菊のところです。
20051030220819.jpg


菊人形は、職人技ですごいです!! 義経と弁慶が、テーマでした。
20051030220728.jpg


懸崖も素晴らしいですね!! 丹精込めて作られています。
20051030220810.jpg


時期的には、まだちょっと早く、蕾も大分ありましたけど、25日に開園したばかりなので、菊が生き生きしている気がしました。
11月24日まで開催されます。
菊の素晴らしさを堪能できますので、お近くの方は是非どうぞ

濃霧
すごい霧ですね~

20051029114723.jpg

昨日の朝、朝食の準備をしていて、ふと外を見るとすごい状態に・・・。
最初は、どこかの家で火を燃やした煙かと思ったほどです。
最近にないすごい霧! ! ! 
40分位続いたでしょうか?
思わず、写真を撮ってしまいましたー。
新聞によると、近くを走っているJR両毛線では、信号が見えなくなり運転がストップしたそうです。
半日、ダイヤが混乱したとか。

以前、軽井沢に行った時に、濃霧の中、高速道路を走ったことを思い出しました。
夫が、前の車のテールランプを見失わないように、ハンドルにしがみつくようにして運転していました。会話も無く。。。
雪道も怖いですけど、視界0に近い霧も恐ろしい~。

県立ぐんま昆虫の森
今年の8月1日にオープンした「ぐんま昆虫の森」に行って来ました(*゚▽゚*)
我が家から、車で20分で行けました。意外に近いです。
今日は、「県民の日」で、無料開放されましたので、学校がお休みの子供たちで賑わっていました。
赤城山の南に位置し、約48haという広さの里山の中に「昆虫観察館」や「かやぶき民家」、桑畑、水田、雑木林、沼などがあります。
自然環境豊かですよー! !
↓は、安藤忠雄氏設計によるドーム型の「昆虫観察館」です。
昆虫の森のシンボルですね。
20051028234152.jpg

20051028234212.jpg

館内では、里山にすむ昆虫が、きれいなガラスケース越しに見られます。爬虫類は苦手ですが、昆虫は顔を寄せて見られます(笑)。
20051028234233.jpg

↓は、亜熱帯の西表島をモデルにした環境の生態温室です。
さすがに、ムシムシしてました~
20051028234406.jpg

~蝶が飛び交ってました~
20051028234306.jpg

~葉っぱの陰にはカタツムリも~
20051028234335.jpg

遊びを期待して行くと、ちょっとがっかりするかもしれませんね。
どちらかと言うと、学びの要素が強いかもです。

実家には、つい最近まで柿の木が4本ありました。
甘柿と渋柿の木が、それぞれ2本ずつ。
渋柿は、干し柿用と樽抜き用がありました。
昔は、ヘタを焼酎につけた樽抜き用の柿を樽に詰め、紙で覆って糊付けしました。
軟らかくて美味しいのですが、家族があまり食べなくなったので、切ってしまったようです。

今年は、柿の当たり年みたいですね
実家の甘柿は、枝垂れ桜ならぬ枝垂れ柿状態です。あまりに沢山実をつけて、枝が折れてしまったとか。
こんな時は、はずれ(渋)が少ないですね。↓の柿は、3個剥いて、全部当たり(甘)でした(´▽`)♪
お砂糖がびっしり 黒々として美味しそうです。


20051026235842.jpg


「柿が赤くなれば医者が青くなる」と言われる程、栄養価の高い柿ですが、体を冷やす作用もありますから、食べすぎには要注意

干し柿作り
20051026150919.jpg

今年も、干し柿作りの季節が巡ってきました(*゚▽゚o)♪
毎年、実家の渋柿をもらって来て、楽しみながら作っています。
秋の風物詩ですね。
父が下の方の柿をもいでくれましたので、ルンルン気分で皮剥きしました。
干し柿は、嫌いな人が結構いますが、我が家は全員大好き!!
例年、吊るし柿にするのですが、紐が柿に食い込んだり、柿が自らの重さに耐えかねて落下したりするので、今年は梅干用の盆ザルに干してみました。
何しろ1個が300グラム前後の大振りなので、ヘタのところからストンと落ちてしまうのです(>_<)
果たして、うまくいくでしょうか
丁度、桃のような形で、オレンジ色が、ひときわ鮮やかです。
北風が、ぴゅーぴゅー吹くと、甘~い干し柿が出来上がります。
今から、楽・し・み

ダシ醤油
20051024094737.jpg

ある料理研究家の、
「しょうゆをベースにした合わせ調味料を冷蔵庫に作り置きしておくと便利だ」
という記事を読み、早速真似して作ってみました。

材料は、しょうゆ2cup、酒1cup、みりん1cup、砂糖大さじ2杯、削り節2cup、生姜薄切り2かけ分。
すべての材料を鍋に入れてひと煮立ちさせ、ざるでこすだけ。

おひたし、煮物、めんつゆ、炒め物・・・応用範囲が広くて、とても便利です(´▽`)☆
簡単に味付けできるので、手抜き料理を得意とする自分には大助かり

ほたて浜煮
20051022101849.jpg

伊勢に行った知人に、ホタテの浜煮を頂きましたヽ(´▽`)ノ
ホタテ大好き美味です 
お弁当のおかずに重宝します。
我が家の味付けと似ている感じですが、流石、味に深みがありますねぇ。
ホタテには、旨味成分の「タウリン」が含まれているので、煮物にする時、ダシは必要ないですね。

ホタテのいわれは、ホタテを開いた時、貝の片側は舟に似て、もう片側が帆に似ていることから「帆立貝」と呼ばれるそうです。
晩春から初秋が、旬だとか。

アルカリイオン水
20051021121515.jpg最近、スーパーなどで、容器を購入すると無料でアルカリイオン水を提供しているのを見かけます。
それだけ、飲み水に拘る人が増えてきているということなんでしょうね。
我が家では、3年ほど前に「アルカリイオン整水器」を設置しました。
取り付けも簡単で、蛇口をひねればいつでも美味しい水が飲めるので、気に入ってます。
アルカリ度も、強・中・弱と用途によって切り替えできます。
我が家では、ほとんどアルカリ中で使用していますが、コーヒーやお茶、ご飯が美味しいですよ~。
他に、ミルクや薬用の「浄水」や、洗顔用の「弱酸性水」の切り替えもできます。
一家に一台、お勧めでーす
といっても、すでに皆さんのお宅には取り付け済みでしょうか?
チャーハン(炒飯)
中国へ旅行した妹に、↓のようなザーサイをもらいました
ザーサイの材料は、大芥菜(ターチェツァイ)という菜っ葉の茎の根元に出来るこぶ状に膨らんだ部分で、これに、10数種類の香辛料をまぶし、甕に長期間漬け込んで発酵させたものだそうです。
漢字で「搾菜」と書くのは、甕に漬け込むときに隙間なくぎゅうぎゅうに詰め込むことから付いたのだそうです。
20051017155015.jpg


みじん切りになっているので、チャーハンにパラパラとまぜてみました。古漬けの漬物を隠し味に使うような感じで・・・。
20051017154522.jpg


手軽に使えて、味もUPするので便利ですね(´▽`)☆彡
いつものチャーハンとは、ちょっと変わった味でです。
ちなみに、チャーハンの具は、卵、ベーコン、ピーマン、人参、長ネギでした~。

雨続き・・・
こちらでは、土曜日から、またまた雨の日が続いています(>_<)
の出番が多いですね!

息子は、今日は校外学習で、足尾方面に出掛けましたが、
雪中行軍ならぬ雨中行軍でしょう。気の毒。。。

図書館に行きましたら、入り口の所に、↓のような
素敵な花が咲いていました(*^○^*)♪
20051018134255.jpg

花の名前は?ですが、湿っぽくなっていた気分が、ちょっぴり癒されました。

子供の頃は、雨が降ると、両親が農作業を休んで家にいるので、雨は嫌いではありませんでした。
農作業は休みでも、義父母が一緒ですから、母は、繕い物をしたりして、常に何かしらしていましたけど、一緒っていうのが嬉しかったですね

それにしても、早く太陽の顔が見たいものですねぇ。

海苔
20051017111803.jpg

我が家では、1年中ほぼ毎朝、海苔を食べるので、海苔の頂き物はものすご~く嬉しいです
先日、知り合いに頂いた海苔の詰め合わせは、ちょっと珍しい。
「厳寒摘み 焼き海苔」、「味付け海苔」、「紀州南高梅 梅味付け海苔」の3種類の味を楽しめます。
それぞれが、1缶に8ツ切48枚ずつ入っています。
細長い缶に入っていると、下の方は取り出しにくかったりしますが、平べったい缶なので、取り出しやすいです。
また、程よい期間で食べきるので、海苔も湿気ません。
梅大好き人間の私としては、まず「梅味付け海苔」をチョイス。
ほのかに梅の香りがして、い~いお味です。

自分が、海苔を贈る際には、是非、選択したいと思うような詰め合わせですね

牡蠣
20051016164417.jpg仙台に住む従兄から、今年も牡蠣が届きました★
牡蠣大好きなので、嬉しいです
牡蠣料理にもいろいろありますが、今回は、カキフライと煮物にしました。


20051016164401.jpg牡蠣の煮物と言えば、「土手鍋」が一般的ですが、白菜と一緒にだし醤油で味付けしたのも、さっぱりとして食べ易いです♪



牡蠣は、英語の1月~12月までで、Rのつく月に食べると中らないなどと言われていますが、今は、養殖の牡蠣も出回っていますから、どうなんでしょう?
北海道の厚岸(あっけし)町では、海水温が低いので、日本で唯一、1年中牡蠣が食べられるそうですね。
歯医者さん
年に1回、歯医者さんでメンテナンスを受けています。
今年は、昨年に引き続き「虫歯」がありませんでした。
ホッとしますね
何しろ、歯を削る時の、あの機械音を聞くだけで、固まってしまいますので
麻酔をかければ別ですが、時々神経に当たることがあるので恐ろしい・・・。

メンテナンスは、早期発見・早期治療も目的ですが、虫歯や、歯周病にならないよう予防したいという目的もあります。
歯科衛生士の方が、丁寧に検査・指導してくれます。

<私のケース>
1.歯の検査(虫歯や歯周病など)・・・歯周ポケットがやや深い所あり、歯周病に注意!
2.歯の染め出しと磨き方指導・・・・歯と歯茎の境目に歯ブラシを当てる磨き方。
これは、かなり役に立ちました。歯ブラシがピタッとあたるととても気持ちが良く、痛くないんです。
3.歯石除去・・・・・・・・・・・・上の歯と下の歯と2回に分けてやりました。歯が浮くような感じがしたり、痛みも少々伴いますが、取って貰った後は、すっきりします。
こんな感じで、4回通って終了しました。

「正しい歯磨きは、治療と同じ」という、歯科衛生士さんの言葉を肝に銘じて、歯磨き励行
里いも
20051014112957.jpg

里いもを戴きましたので、早速煮てみました
里いもは、夫の大好物也。
里いもと言えば、おふくろの味「煮ころがし」をイメージする人が
多いと思いますが、我が家では、大根や人参、椎茸、コンニャク、ちくわなどと一緒に煮ることが多いです(*^▽^*)
里いも独特の「ぬめり」は、体によいと言われていますが、「ぬめり」が邪魔して、味がしみこみにくいので、取り除いています。
皮をむいてゆでこぼしてから、水洗いすると取れますね。
煮物って、なんかホッとするおかずです(年のせい?)。

カーテン洗い
久々に晴れたので、家中のカーテンを洗いました
毎年、10月は、秋晴れの日にカーテンを洗うことにしていますが、
今年は、なかなかカーテンを洗えるような日がなく、
やっと洗えました。
大中小のカーテン(レースも含めて)を、10枚洗いました。<第1弾>
我が家は、自慢ではありませんが、竿が11本ありま~す。
午前中は、洗濯機がフル稼働でした。
洗濯機の中を覗くと、1年中の汚れで真っ黒い水になっています(>_<)
水洗いできないものまで洗濯して、つんつるてんにしてしまったものもありますが、
洗濯すると、スッキリ、サッパリ!!
気持ちいいですよ~。
100円ショップで、かわいらしいのカーテンバサミを見つけました。
洗濯バサミよりは、ちょっと見た目がいいかな・・・。

20051013122810.jpg

アケビ
20051012001944.jpg

昨日、実家に行った帰り道、産直販売所でアケビを見つけました(*▽*)☆
スーパーなどでは、お目にかかれないので、ちと珍しい。
3個入り180円也!
果実が熟すと割れて中の果肉が見えるので、「開け実」と呼んでいたことが、名前の由来だとか。
甘くて美味しいですー野生の味
薄紫色の果皮は、てんぷらにしたり、煮たりして食べられるそうです。

3連休
こちらでは、この3連休は雨続きの冴えない天気でしたー(~o~)
運動会を予定していた所もあったようですが、がっかりですね。
我が家は出掛ける予定もなかったので、洗濯物が乾かなくて困った位でしたが、
お出掛けした人は、ちょっと気の毒でしたね。

雨の中をウォーキングしていたら、↓のような素敵な花を見つけました(^Д^)♪
マーガレットに似ていますが、葉っぱが違うようです。
はて、何という花でしょうか?

「浜菊」という名前だと判明しました。
葉っぱが段々になっているのが特徴だそうです。


20051010152543.jpg

秋桜(コスモス)
ウォーキングの途中、あちらこちらで、風に揺れているコスモスを見かけます(^▽^)
コスモスは、秋を代表する花ですね。
清楚な感じが好きです。
一見、か弱そうに見えますが、実は、しっかりと根を張っていて
たくましいんですよね。

百恵ちゃんの歌にも、さだまさしさん作詞・作曲の「秋桜」という歌がありましたっけ。
♪淡紅(うすべに)の秋桜(コスモス)が秋の日の
何気ない 陽溜(ひだま)りに揺れている・・・


~コスモスのグラデーションをご覧下さい

20051010114259.jpg

20051010114320.jpg

20051010114337.jpg

きんぴらごぼう
20051009181807.jpg

久々に、きんぴらごぼうを作りました(*^_^*)-★
おふくろの味ですね~。
母は、お祝い事などがあると、お赤飯とセットで、きんぴらごぼうを作ります。
きんぴらごぼうには、人参の赤が入るので、お赤飯同様お祝い事に合うんでしょうね。
ただ、仏事の時は、人参を入れずにごぼうだけのきんぴらですが。
我が家では、きんぴらごぼうは、たま~に作ります
きんぴらは、シャキッとした歯ざわりが身上で、簡単そうで、意外と難しい気がします。
サラダ油とごま油を使うのが我が家流。ごま油は、香りがいいです。
また、人参はごぼうに比べて軟らかいのでごぼうより少し大きめに切っています。
珍しいせいか、家族に好評でした~

往く夏に・・・
もう、10/2のような真夏日ということもなさそうなので、やっと扇風機を掃除してしまいました。
風鈴もしまいました。秋風に風鈴は、物悲しいですよね~。
蚊取り線香も御用済みとなりましたので、引き上げましたー。
ヨシズとスダレは、今日、明日中にしまう予定です。
ついこの間まで、半そでで過ごしてきましたが、いよいよ衣替えも必要になってきたようです。
思えば、これらを10月にするというのも、何だか時期はずれではありますが・・・。
これも、地球温暖化のせいなんでしょうか?

20051008010052.jpg

ぎんだら
20051005092145.jpg

私は、魚の中でぎんだらが、大の好物で~す(*^^)v
煮魚にしても美味しいですけど、ジャガイモと一緒に甘辛く煮つけたのは、特に好きです。
脂ののったぎんだらとじゃがいもは、とっても相性がいいんですよ。
味付けは、三温糖(こくが出ます)とお醤油だけ。ぎんだらから旨味が出ますので、ダシは必要ないですね。
お袋の味です~。なかなか母の味には、近づけませんが。。。

フジバカマ(藤袴)
20051004095922.jpg

我が家の庭に、フジバカマが咲き始めました(*^▽^o)♪
薄紫色の地味な花ですが、趣があって秋にぴったりの花です。
秋の七草の一つで、驚いたことに、「満州国」の紋章だったんですね。理由の程はわかりませんが・・・。
秋の七草は、すでに、万葉の時代に山上憶良によって詠まれているんですね。
「萩の花 尾花葛花 なでしこが花 をみなへし また藤袴 朝顔が花」
当時は、朝顔が入っていましたが、今は桔梗が入っているようです。
朝顔は夏咲きますが、旧暦で考えれば、季語が秋なのも頷けます。
朝顔は、桔梗のことだとも言われてますが。。。

コーヒーショップ
昨日、買い物に出掛けたついでに、駅前のコーヒーショップに寄ってみました(^-^)彡ペアのコーヒー券を戴いたもので・・・。
随分と、久しぶりで~す。

その昔、あべ静江さんという歌手が、「コーヒーショップで」なんていう歌を歌ってましたっけ♪

駅前の一等地の花屋さんの中にありま~す。花を愛でながら飲むコーヒーというのも、なかなか乙なものですねぇ。
コーヒーだけというのもなんですから、リンゴとさつまいものパイを頼みました。
これが、意外にも(失礼ですね)美味しく、コーヒーの味が霞むほどでしたー

「小学5年生の時の家庭科の調理実習で、初めて作ったのが、『リンゴとさつまいもの重ね煮』だったなぁ」などと、思い出しながら味わいました。"リンゴとさつまいも"っていうのは、相性がいいですね。
でも、大失敗しました(>_<)
食べ物を前にしたら、すっかり写真を撮るのを忘れてしまいました(汗)。
残念!!

空クジなしのスピードくじがあり、「コーヒーの木」が当たりました。
コーヒー好きの私には、嬉しいプレゼントでーす。
植えかえして見ましたが、冬を越せるかどうか。。。

20051002153908.jpg

酢を無理なく摂取☆彡
20051001092142.jpg胡麻同様、酢も体にいいですよね~。
我が家では、酢を毎日無理なく摂れるように、あれこれ工夫しています(^д^)

毎日飲む味噌汁に、大さじ1杯弱入れています。これは、長年にわたる夫の習慣でした。最初は、「味噌汁に酢 え、え~!」ってな感じでしたが、意外と違和感がないんですよね。慣れると、酢の入らない味噌汁は、ちともの足りないですー★

果実酢を作り置いて、毎日少しずつ飲みます。以前、テレビで紹介されていたものです。
果実と砂糖と酢の割合を、1:1:1の割合で瓶に入れておくと、1週間程度で飲めるようになります。リンゴとナシで試してみましたけど、酢独特の"つ~ん"とする感じがなくて、飲みやすいですよ。おちょこ1杯程度を、お湯割にしていま~す。
砂糖は、何でも良いのですが、氷砂糖を使うときれいかな(^ー^)♪
我が家は、砂糖を少々控えめにしています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。