独り言、あれこれ

今日の日付入りカレンダー


05 ≪ 2006/06 ≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリー

リンク

プロフィール

梅もどき

Author:梅もどき
※保存食作りを趣味にしています。中でも、梅干し作りには、思い入れが深いです。
※コメントは、都合により閉じさせていただいています。
※リンク用バナーにどうぞ↓
独り言、あれこれバナー

♪BGM

©Plug-in by PRSU

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青系の花
知り合いの家の庭に、咲いていました。

20060630141404.jpg

↑は、「宿根サルビア」とか「サルビア・グアラニチカ」とか、呼ばれているようです。
しそ科なので、葉がシソの葉と似ていますね。
見慣れた赤いサルビアに比べ、丈が高く、が鮮やかです。
ちなみに、わが市の花は、サルビアです。

20060630141347.jpg

↑の花は、「ストケシア」ですね。別名「ルリギク(瑠璃菊)」。
この家のは、淡い紫色ですが、瑠璃色(紫色を帯びた濃い青色)のも見かけます。
私は、この淡い色が好きです。
色といい、姿かたちといい、文句なしの花ですね

我が家の庭のアジサイも、青系のものが咲き始めました。
暑さで、少し元気がないみたいです。。。

20060630141414.jpg

ここのところ、毎日蒸し暑い日が続いていて、不快指数もですが、花を見ていると、しばし、暑さも忘れます
スポンサーサイト
くちなしの花
近所で、「くちなしの花」を見つけました。
初夏を告げる花ですね~。
我が家にも、以前ありましたが、車庫を作るときに切ってしまい、今さらながら残念で仕方ありません

20060629133951.jpg

くちなしの花と言えば、純白の花びらと匂いが特徴ですね。
「芳香」と言われているようですが、私には、少々きつすぎるような気が。。。
渡哲也さんの「くちなしの花」の歌詞にも、
♪くちなしの花の 花のかおりが 旅路のはてまで ついてくる・・・
なんて、あります。

くちなしの花には、一重咲きと八重咲きがありまして、一重のみが、実をつけるそうです。「山吹」と同じですね。↑のは、八重咲きですから、実を付けません。

以前、きんとんを作る時や沢庵を漬ける時に、くちなしの実を色づけに使いました。
台所にまだ、残っていましたので、UPしてみます。

20060629141047.jpg

くちなしの実は熟しても裂けないので、口が開かない。そこから「くちなし」と名付けられたんだそうです
畑に咲く花
ウォーキングしている時に、畑で見つけた花です♪

20060628162600.jpg

↑の花は、クレオメですね。
しべが長~いです。花の形が、風に舞う蝶に似ているので、和名を「西洋風蝶草(セイヨウフウチョウソウ)」と呼んでいるようです。
私は、簪(かんざし)に似ている気がするのですが。。。
淡いピンクと白が、対になって咲いているのが、いいですね~

20060628162541.jpg

↑は、お馴染みの百日草(ヒャクニチソウ)です。
色も咲き方も種類が多そうです。長く咲くので、百日草と名付けられたようですね。
「日日草」という花もありますが、こちらは、夏の間中次から次へと咲くのでこんな名前が付いたとか。

花の命名も、それぞれに「いわれ」があって、面白いです
庭の梅で梅酒作り
庭の梅が、急に落ち始めましたので、急いで梅酒にしました

20060627093326.jpg

消毒も何もせず、いわゆる「無農薬」です。
と言えば、聞こえは良いですが、ほったらかしなのです。
その為、大きさは不揃い、傷もあり、熟し方もいろいろ・・・。
ですが、庭で収穫した梅は、「新鮮」です♪
脚立に登って、もぎました。ついでに、枝木の剪定もしたら、サッパリ

梅1.2kgに対し、氷砂糖800g、ホワイトリカー1.8lで仕込みました。
割合は、好みによっていろいろですね。
果実酒は、長く置けば置くほど、コクとまろやかさが増して、美味しくなる気がします。


※ ランキングに参加しています ※

www80_15_1[1]  banner_04[1]  

よろしくお願いします !
らっきょう漬け
スーパーで、「土つきらっきょう」が目につきましたので、漬けました。
らっきょうは、すぐに芽が出てしまいますので、買ったその日に漬けないと。。。

20060626154908.jpg

甘酢漬けではなく、塩漬けにしました。
<らっきょう1kg(茎の付け根とひげ根を切り取りましたら、835gでした)
水3Cup、酢1/3Cup、粗塩30gを煮溶かし、らっきょうに注ぐだけです。>

らっきょう漬けは、カリカリした歯ごたえが身上ですので、なるべく水を吸わせないようにします。
手早く洗い、ひげ根などを切る時も切り口の断面積が大きくならないように。

塩漬けは、さっぱりしてて、飽きがきませんね~
浅漬けが好きなので、まだ余り良く漬いていないうちから食べてしまいます。。。


※ ランキングに参加しています ※

www80_15_1[1]  banner_04[1]  

よろしくお願いします !
梅の実
庭の梅の実です。
まだ、青々としていますが、中には、左上のように完熟したものもありますね。



古木なので、余り実を付けませんけど、毎年なります。
「豊後」という種類で、大粒です。オレンジ色に熟すので、「杏」にそっくりです。
この梅は梅干しには、少々大きすぎですね。我が家では、梅酒orジャムにします。
梅酒は、普通、青梅を使いますが、黄色く熟した梅も、まろやかな味に仕上がり、気に入っています。
なので、もうちょっと待ちま~す
頂きました♪
1つ目はおせんべい。

20060623224912.jpg

「ほっぺた落ちる揚せんべい 朝日あげ」とあります。
ほんとに、朝日のように真ん丸で、おわん状にならず、平らに揚がっています。
今までの揚げせんべいのイメージとは、違いますね。
揚げてあるのに、油っこくなく、サクッとしてて、とっても美味
HPのアドレスは、↓です。
http://www.harimayahonten.co.jp

2つ目は、珍しい「ワインらっきょう」
ワインカラーが、とてもきれいですが、ワインの味はしません。
"少々甘すぎるかな"という気がしないでもありませんけど、らっきょうはカリカリしてました。

20060623224946.jpg

「サクッ」とか「カリカリ」といった歯ごたえが嬉しい頂き物2品でした
黄色い花
この時期、黄色い花を良く見かけます♪

↓の花は、「ヒピリカム」と言いまして、よそ様の花ですが、写真を撮らせて頂きました。
花もきれいですが、花が終わると中心の実(?)が、赤くなり、さらに黒く変化していきます。
花と実の両方楽しめるので、人気があるようですね。

20060623151014.jpg


↓の花は、「キンシバイ(金糸梅)」で、小学校の庭に群生しています。
雄しべが、金の糸のように見えるので、金糸梅という名前が付いたとか。
蜂が、花びらの「カップ」の中を転げるようにして、蜜を吸ってました。
"シャッターチャンス!"と思って、カメラを構えたら、逃げられてしまいました~

20060623151025.jpg

↓の金糸梅は、名前の通り、梅に良く似ていますので、UPしました(2006.07.09追加)。
園芸品種の「ヒドコート」ですね。

20060709141656.jpg

これらの花は、以前UPした「ビヨウヤナギ」と同じく、オトギリソウ科なので、似てますね。

サッカーワールドカップ サムライブルー大敗でした
日本のサッカー この先どうなるんでしょう?
にわかサッカーファンですが、非常に心配です・・・。

BGM
←に、BGMを設置してみました。
好みの曲を選んで、クリックすると、流れます。
(stop)を選んで、クリックすると止まります。
試しに、どうぞ~

イエローベリー
庭のイエローベリーが、たった1個実を付けました。
昨年は、沢山実を付けましたが、余りに木が繁茂した為、刈り込みましたら悲惨な結果になってしまいました

20060618135115.jpg

イエローベリーといっても、オレンジに近い色ですね。
甘酸っぱくて、美味しいです
種が、消化管を刺激して、健康にも良いとか。。。

イエローベリーは、親木が毎年若返り旺盛に成長するので、「不老長寿のいちご」と言われているそうです。
確かに、木はどんどん大きくなりますし、地面のあちこちから若葉が顔を出しますね。地下茎で増えるのか?

春には、白い可愛い花が咲きました♪

20060618134935.jpg


<訂正のお知らせです>
6/16の紫陽花の記事で、「アナベル」の花を間違えました。
写真を張り替え、文章も一部直しました。
お詫びいたします。

早朝風景 -その4-
ウォーキングの途中、毎朝、庭でお茶飲みしているおじいさん2人がいました(過去形)。
挨拶を交わしているうちに、「金のなる木」の小鉢を2つ下さるとおっしゃいます。
お気持ちは、嬉しいんですけど。。。
正直な所、ウォーキングコースを、まだ1/3も歩いていない状態ですし、出直してくるのも面倒でしたので、ちょっと困ってしまいました。
しかし、折角のご好意なので、有り難く頂くことにし、無謀にも両手に持って歩き始めました。
「袋を下さい」とは、言えなくて。。。
ところが、小鉢といえども、だんだん苦痛になり、とうとう薬局の軒下に小鉢を置いて、後で車で取りに行くことに。。。(>_<)
今は、2鉢とも大きくなって、植木鉢を割ってしまうほど、威勢がいいです~。

次は、「山百合」を1本、ひょいと庭から引っこ抜いて下さいました。
きれいな花で、これまた、とても有り難いのですが、この時も袋なし。
泥付きのまま1本持って、1時間近く歩きました。にも拘らず、残念ながら、枯れてしまったんですよね~(涙)。

2回とも、お気持ちはとっても有り難く、感謝しているんですけど、道行く人の目は冷ややかでしたよ~。
こんな顔で見られたり、びっくりしたような顔で見られたり。。。
明らかに、"花泥棒したんじゃないのー"てな顔で見てましたね。
ウチの方では、花泥棒に備えて、夜間は植木鉢を家の中にしまっておく人もいるくらいですから。

おじいさんたちは、その後、引越しされましたので、不審者に見られることもなくなりました。。。(笑)。
今でも、この家の前を通ると、時々思い出します。
"あのおじいさんたち、元気かしらん?"と。。。
梅雨に咲く花
梅雨を彩る花と言えば、何といっても

ですね。
我が家の庭では、ピンクの紫陽花が、先頭きって咲き始めました♪
この紫陽花は、他の紫陽花に比べ、小ぶりで可愛らしいです。

20060616153314.jpg

実は、花のように見える部分は、ガクが花弁状に発達したもので、本来の花は、中心部の点の部分なんだそうです。
紫陽花の花言葉は、「移り気」。花の色が七変化するからでしょうか?

ウォーキングの途中には、「アナベル」という北米原産のアジサイが咲いています。
大きな真っ白い花が、見事です。葉が、薄いですね。




Blogにも、度々登場している↓の鉢も、紫陽花柄で~す

20060616153248.jpg

紫陽花に負けず劣らず、存在感をアピールしているのが、「ビヨウヤナギ(美容柳)」です。
花が美しく、葉が柳に似ているところから付けられた名前とか。
鮮やかな黄色と、長~い雄しべが、特徴ですね。
放射状に、つんと上を向いた雄しべを見ると、茶道で使う「茶筅」を連想してしまいます。。。

20060616163550.jpg

花たちに、癒されてます
手作りシュウマイ
つかまんさんのところで、美味しそうなシュウマイがUPされていましたので、私も、作ってみたくなりました。

実は、シュウマイは、余り積極的に食べる方ではないので、今まで作ったことがありませんでした
が・・・今回、一念発起して、作りましたら。。。。
美味しい ! ! !
"今までのシュウマイは、何だったのー"って、感じです。

つかまんさんのレシピを参考にさせていただきましたm(__)m
玉葱の他に、頂き物のカニ缶を入れましたので、カニシュウマイですね。
私も、グリンピースは美味しくないので、塩エンドウにしました。
家族にも大好評で、30個作りましたが、半分以上胃袋の中へ。。。

20060615112451.jpg

20060615112508.jpg

新カポチャ
実家では、カボチャを作って、出荷しています。
そろそろ出荷の時期で、忙しくなります
出来具合は如何ほどかと、試しに2個もいでもらい、煮てみました。
新カボチャは、果肉が、オレンジ色でなく黄色です。

20060614155735.jpg  20060614155828.jpg

カボチャの煮方は、人それぞれですが、私は水分少なめにして、砂糖・醤油・塩で味付けします。
初物のカボチャ 喉につかえるほどホクホクしてて、美味しいですよ~♪
カボチャのてんぷらも好きです。

20060614155845.jpg

近所の知り合いに、カボチャを差し上げましたら、手作りの「きゃらぶき」と、山菜王の「わらび」を頂きました。
ヤマフキは香りが深くてとっても美味!! わらびは、アク抜きしてありましたので、お浸しにしていただきました。

20060614161301.jpg

これじゃあ、「えびたい」ですねぇ~


※ ランキングに参加しています ※

www80_15_1[1]  banner_04[1]  

よろしくお願いします !
早朝風景 -その3-
長いこと、ウォーキングをしていますが、一番ショックだったのは、自殺者に遭遇したことです。
と言っても、自殺の現場を見たわけではなく、傍を通っただけですが。。。

ウォーキングコースには、木が生い茂った遊歩道があり、私のお気に入りなのですが、そこで首吊り自殺が、あったようです。
「あったようです。」というのは、遊歩道にさしかかる前に、たまたま、反対方向から歩いてくる男性がいて、
「今、トイレの近くで、人が死んでいるから、あそこは通らない方がいい」
と教えてくれましたので、見ないで済みました。
それでも、近くの道を歩いていましたら、パトカーが来て、場所を聞かれました。
しばらくは、遊歩道を通れませんでしたけど、時が過ぎ、また通り始めてみると、木の根元に花束が手向けてありました。

犬の散歩をしている女性とよく会うのですが、その方の話では、隣の県の40代の男性とのことでした。
死に場所を探して、ここまで来たんでしょうか?
何とも、やるせない気持ちになりましたね。

昔、「○子の部屋」に、アナウンサーの小○宏さんが出演した時、
「自分は、うつ病になって死のうと思い、線路の傍までいったが、『自殺は、馬鹿者がすること』という声が聞こえ、思いとどまった」というようなことを言ってました。

今、自殺者が増えていますね。どんな事情があるにせよ、何とか思いとどまって欲しいと思いますが・・・。
田植え
20060611013325.jpg

実家に、夫と「田植え」を手伝いに行きました。
何しろ、1年分のお米を調達してもらってますので。。。

5、6月の紫外線は強いですから、日焼け止めは、欠かせませんね。
農作業用の帽子をかぶり、ゴム製の地下足袋を履き、手っ甲をした田植えルック(?)です。
想像してくださいませ
昔は、絣のモンペをはき、手拭いを姉さん被りした「早乙女」が、見られたんでしょうけどね。。。

私が、子供の頃は、全部手植えでしたが、今は、機械植えです。
実家では、2条植えの機械で植えますが、田んぼの角や端は、機械が届かないので、手植え(補植)します。
馴れない作業で、ぬかるみに足を取られて、苦戦 !
父と夫が機械で植え、母と私が補植したんですが、母はさすがに、苗が揃っていますね。
母が言うには、「曲がって八石(はっこく)、くねって九石(くこく)」という位なので、植え方がまっすぐでなくても、収穫量には、さほど影響はないそうです。ちなみに、「石」は、昔の容量の単位ですね。
慰めてもらっているような・・・。

前日に、機械の調子を整えておいたらしいのですが、不調でした
その為に、手植えが大幅に増えてしまい、腰と肩に痛みがきました。
70代後半の両親に、農作業はつくづく、きついと思いましたね。
日本の農業は、今、こうした高齢者に支えられているようなものですが、この先どうなるのでしょう?

写真は、手前と左上の田んぼに苗を植えた直後の様子です。
カシワバアジサイ(柏葉紫陽花)
関東地方は、9日、梅雨入りしました。
鬱陶しい季節の到来ですが、雨に濡れた紫陽花は、梅雨の楽しみです♪
ウォーキングコースには、「カシワバアジサイ」という、ちょっと変わったアジサイが咲いています。
花がアジサイで、葉が柏に似ているところから、付けられた名前とか。
細長い円錐形をした花のかたまりが、突き出るように咲くんですね。
花は、八重で豪華です。
実物は、美しいですよ~。惚れ惚れするくらい(笑)。
↓の写真を堪能して下さいませ。

20060610004331.jpg

よそ様の花ですが、道路に突き出ているところを、撮らせて頂きました。
早朝風景 -その2-
先日、早朝の清清しい空気を吸いながら、ウォーキングしていると、駐車場に人が集まっています。
警察官が2人と、近くの工場の従業員が3人。
"何事かしらん?"と思いながら、傍を通ると。。。

何と、軽自動車の左側の前・後のタイヤが、はずされてしまっています
夜勤を終えて、さて車に乗って帰ろうとしたら、タイヤが無くなっているんですから、さぞかし、本人もショックだったことでしょう。
車上狙いなら、良く耳にしますが、タイヤはずしというのもあるんですね~。
駐車場は広い道路に面していて、民家も密集していますし、街灯もついているんですけど。。。
油断できませんね
と言っても、タイヤはずしは防ぎようがないですね
「よいこのびいる」
以前、「こどもののみもの」という子供ビール風の飲み物を紹介しましたが。。。
今度は、「よいこのびいる」という飲み物を頂きました。
"子供ビール市場"も、いよいよ、競争激化 ? ?

20060606113419.jpg

お味の方はと言いますと、「こどもののみもの」(サンガリア)よりは、甘さ控えめで飲みやすく、本物のビールに近い気がします。
大阪の「ハタ鉱泉」という所のもので、こちらでは、あまり耳にしませんけど、サンガリアに負けてませんね。
<ノコさんのところで、すでにUPされています。>

丁度、「ごんぼうせんべい」を頂いたので、"つまみ"にして飲みました。
「プハ~」と言いながら。。。(笑)。
20060606113700.jpg  20060606113744.jpg

このおせんべい ごぼうの香りがして、なかなか美味しいです。
「ごぼう」でなく、「ごんぼう」。
祖父母も、こんな風に言ってました。土臭さを感じますね~
盗作
今、盗作画家のことが、話題になっていますね。
25年も、イタリア人画家の構図を借用していた人に、「芸術選奨」とは、笑止千万です。
ある方が、「これまで分からなかったのが不思議だ」と、仰っていますが、同感です ! !

今回の騒ぎを聞いて、子供が小学生の時のことを思い出しました。
ウチの子は、学校外の、あるサークルに入っていまして、年に1度、全国的な絵画の大会がありました。
東京で、優秀作品の表彰式が行われ、その模様と作品が会報に掲載されました。
それを見た息子が一言。
「あれっ! ○○(月刊誌の名前)の表紙とおんなじだぁー」。
驚いて私が確認すると、全く同じではありませんが、「酷似」! ! !
明らかに、「盗作」でした。
子供も、ショックを受けてましたね。
プロが描いた絵にそっくりなのですから、優秀作として選ばれるわけです。

受賞者の記念写真に写っている、その中学生の女の子を見て、複雑な気持ちでした。
"誰にも気付かれていない"と思っているのか・・・、少しは、良心の呵責にさいなまれているのか・・・。
絵を見る度に、暗い気持ちになることはないのか・・・。
世間の人は、欺くことは出来ても、自分の心を欺くことは出来ないと思いますけどね。
温泉みやげ
母が、県の北西にある「万座温泉」に行き、おみやげを買ってきてくれました。
沖縄にも、「万座毛」という観光地がありますね。
県内なのに、おみやげ3種類も・・・いかにも母らしいです(笑)。

<笹まんじゅう>
一瞬、よもぎまんじゅうかと思いました。高原で採取した熊笹の笹汁の色なんですね~。うぐいす餡で、意外に美味しいです♪
20060604232220.jpg


<生姜せんべい>
生姜が、ピリッときいていて、これも美味しいです。
20060604232555.jpg


<ふきみそ>
ふきみそは大好きです!炊きたての白いご飯に合いますね~。ふきの香りが、食欲をそそります。
20060604232859.jpg

このおみやげの包装には、恐れ入りました。実は、↑のヒモは、輪になっている部分だけが本物で、他は絵なんです。真ん中の穴から結び目をつけたヒモを出しているんですけど、丁度、ヒモをかけて縛っているように見えませんか ? 経費節減 ? !

"名物に旨い物なし"なんて言いますけど、今回のおみやげは、ヒットでした
早朝風景 -その1-
早朝ウォーキングでは、思わぬ光景に出くわすことがあります。

今日は、わが地域では、ゴミの収集日ですので、ゴミ出しをしている人を見かけます。
わが市では、ゴミ出しには、透明か白の半透明の袋が指定されており、スーパーのロゴ入り袋は使えないことになっています。
今朝、私が見かけた年配の女性は、ロゴ入り袋を2つ提げてゴミ出し場にきたので、「アレッ!」と思った次の瞬間、驚くべき行為を・・・。
他の人が出した大きな半透明の袋の結び目を、サッサとほどいて、自分のゴミを押し込んでいるでは、あーりませんか
2つは入らないので、また別の袋を開けて、押し込んでいました。
私が見ていても平気です。慣れた手つきで、感心してしまうほど
"多分、いつもこうしているんだろうなぁ"なんて思いましたね。

別に悪いことをしているわけでなく、よく言えば、地球温暖化防止に協力していると言えなくもありませんが、"自分のうちの袋を開けられるのは、好まないなぁ。。。"
恐らく、ゴミ袋を出した人も、まさか自分のうちの袋が、開けられるとは思ってもいないんじゃないでしょうか。
大方の人は、ゴミ処理場に直行だと思っているでしょう。
世の中、いろいろな人がいるものですねぇ
泰山木(たいさんぼく)
初夏の花「たいさんぼくの花」を、一輪だけ見つけました♪
近所に、たいさんぼくの高木があり、毎年楽しみにしていたんですけど、昨年、枝落としをしたようなので、今年は、諦めていました。
しかし、今朝、ウォーキングをしていたら、高い所に、たった一輪ですが、咲いてました。
これぞ、まさしく"高嶺の花" ? ?
急いで、デジカメを取りに戻り、写したのが↓の写真です。

20060602234045.jpg

たいさんぼくは、泰山(大きくて高い山)に因んで名付けられたというだけに、大木です。
近所のも、5m位ありそうです。
葉も大きくて、厚ぼったく、花は直径20cmほどあります。
大きな白い花は、存在感ありますね~。

可憐な花も好きですけど、たいさんぼくの花ような、堂々とした花にも惹かれます
再会
その昔、三善英史さんという歌手がおりまして、「雨」「円山・花町・母の町」が、大ヒットしました。
私は、中でも、この「雨」という曲が大好きで、今でも、梅雨の頃になると思い出します。
一世を風靡した三善さんですが、女装して、テイッシュか何かのCMに出たのが、最後でしたか?
その後はプッツリと、姿を消してしまいました。
"その後、どうしているのかなぁ~"と、時々思い出しては、気にかけていました。

そしたら、びっくり
昨日の新聞に、三善さんがアルツハイマー病の母親の世話をしている記事が、写真付きで掲載されていました。
スラリとした昔と比べると、ふっくらとしていますが、懐かしい ! !
まさか、新聞紙上で「再会」できるとは。。。

三善さんの母は、歌のように花町の母でした。今は、子供みたいになっているので、本人に世話されることへの抵抗感がなく、遠慮なく世話ができるそうです。
妻の理解があり、週4、5日泊まり込んで、姉と世話をしているとありました。
苦労人だけに、情が深いようですね。

ず~っと、消息不明でしたので、嬉しい「再会」でした。
ウメモドキ
今月のオープニングは、ウメモドキの話題から・・・。
何といっても、私めのHNですから。。。
ウメモドキは、葉がウメと良く似ているところから付けられた名前ですね。
山椒と同じで、雌雄異株です。

<雄木>
20060601102935.jpg

<雌木>
20060601102947.jpg

ご覧のように、雄木には、小花がびっしり付いていますが、雌木には、ちらほらです。
しかし、秋になると雌木には、真っ赤な実がびっしり付きます。
鳥が、一粒も残さず、きれいに食べます。
感心するほどに。。。

これから、青い実を結び、赤く変化していく「ショー」を楽しめます♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。