独り言、あれこれ

今日の日付入りカレンダー


01 ≪ 2007/02 ≫ 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリー

リンク

プロフィール

梅もどき

Author:梅もどき
※保存食作りを趣味にしています。中でも、梅干し作りには、思い入れが深いです。
※コメントは、都合により閉じさせていただいています。
※リンク用バナーにどうぞ↓
独り言、あれこれバナー

♪BGM

©Plug-in by PRSU

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜 中華街から。。。
妹の家から、↓の小包みが届きました♪

20070227160129.jpg

中身は、肉まん・海鮮肉まん・春巻き・焼売でした。
どれも、食べ応えあり !
横浜の中華街を代表する老舗(明治20年創業)のものらしいです。

中華街は、一度行ったことがあります。
賑わってましたね~。
お料理は美味しかったんですけど、レジで餃子のお皿の数を間違えて、とてつもない高額を請求され、青くなりました。
スポンサーサイト
「釜揚げ 牛肉やわらか炊き うす味」
食べ物の話題ばかりですが。。。
「釜揚げ 牛肉やわらか炊き うす味」というのを頂きました。
そのままでも食べられるようなんですけど、「肉じゃが」にしてみましたら、やや甘口ながら、美味でした。
簡単に作れて、便利ですね~♪

20070222103755.jpg  20070222104542.jpg

手作り餃子
餃子を作るのは、久しぶりです。
我が家の餃子は、隠し味に「味噌」を少々入れます。
ひき肉はたっぷり入れ、野菜は、長ネギ・キャベツ・ニラなどいろいろ。。。
ついつい、具を入れすぎて、包み込むのに苦労します^^;

20070222103247.jpg

牛乳と卵のパン
ネットで見つけた「牛乳と卵のパン」を、自己流にアレンジして作ってみました。
いつも通り、ホームベーカリーのお世話になって。。。

20070221233406.jpg

コクがあって美味しいので、参考までにレシピを。。。

強力粉 260g
薄力粉 20g
ドライイースト 3g
バター 20g
スキムミルク 12g
塩 5g
グラニュー糖 16g
全卵 50g
牛乳 牛乳と全卵を合わせて200mlにする


ついでに、「りんごジャム」も作りました。
手作りは、美味しいです!
りんごジャム
久々に、「りんごジャム」を作りました。
りんごをいちょう切りにして、軟らかくなるまで煮てから、砂糖とレモン汁を加えて煮詰めるだけです。
余り煮詰めすぎず、形が残るくらいが好みです。

20070221233429.jpg

パンに塗ったり、ヨーグルトのトッピングにしたりと、我が家ではモテモテです。
白菜の古漬け
今年の冬も、白菜を漬けました。
毎度のことですが、一度に大量に漬けるものですから、最後の方は酸っぱくなってしまいます。
夫は風味が増して美味しいと言いますけど、私は浅漬けが好みですので、友達行きです。
とても、食べ切れませんからね。
友達の家では、白菜の古漬けを塩出ししてから油で炒め、七味をかけて食べるのが好きなんだとか。。。
沢庵なども、こんなふうにして食べる人がいるみたいですね。
↓の古漬けは、出したてはいい色をしていますけど、すぐに、白っぽくなってしまいます。
なので、急いで写真を撮りました^^;

20070219182404.jpg

上海のお土産
義弟と姪が「上海」に行きまして、お土産をもらいました。
<蜂蜜2本とXO醤(エックスオージャン)3個>
ネットで調べてみましたら、XO醤は、干し貝柱、干しエビ、赤唐辛子、にんにくなどを加えたラー油で、ピリリとした辛さの中に、旨みの成分がぎっしり詰まった調味料らしいです。
「XO」はブランデーの等級で「最高級」、「醤」は合わせ調味料のことで、「最高の調味料」なんだそうです。

20070218233049.jpg
  
20070218233113.jpg

で、早速、XO醤を使って、小松菜とぶなシメジを炒めてみました。
確かに、ホタテの味がして、味がUPしたような気がしますけど、少々クセがありますね。

20070218233022.jpg

"神戸アルテナ"
ケーニヒス クローネの"神戸アルテナ チョコ味"を頂きました♪
竹の皮に包まれているのが、"和洋折衷"で良いですね~。
それに、予めカットしてあるので、食べ易いです。

20070217141341.jpg

↓のように、栗がた~っぷり !
ボリュームもたっぷりですけど、しつこくないんです。

20070217141358.jpg

ケーニヒス クローネのHPは、コチラです。
おひな様
実家では、今年、11年ぶりにおひな様を飾りました。
長い間、眠ったままでしたので、やっと、起こしてやることができ、ホッとしています。

20070217004312.jpg

7段飾りや木目込みの親王飾り、市松人形、藤娘など、おひな様も多彩ですね。
私たち姉妹のは、小さめのガラスケースに入った人形です。
母の実家からは、御殿が贈られたとのことですが、今回は出せなかったそうです。
妹夫婦と次女の三人がかりで、飾り付けました。しまう時には、手伝いに行かねば。。。
母が一番喜んでいるかもしれません。
初・梅干し
昨年漬けた梅干しを、半年ぶりに覗いてみると。。。
↓こんな感じに、甕に納まっていて、何とも愛しい姿ですこと♪

20070216141305.jpg

昨年は、干しを少し強くしてみましたら、風味が増して美味です!
梅干し作りは、漬け物の中でも一番緊張して漬けますので、仕上がり具合が気になります。
"満足してます"←自画自賛

20070216141324.jpg

↑見てるだけで、唾が出てきそうでしょう~^^;


※ ランキングに参加しています ※

www80_15_1[1]  banner_04[1]  

よろしくお願いします !
しそヨーグルト
ヨーグルトコーナーに、しそヨーグルトがありましたので、買ってみました。
以前作ったシソジュースが美味しかったもので、ついつい。。。



シソは花粉症に良いらしいですね。
色は薄ピンク色で綺麗でしたけど、ヨーグルトとシソって、ミスマッチ?
もともと、ヨーグルトは花粉症に良いとされていますから、敢えて、シソを加えなくても。。。なんて、思ってしまいました。
早過ぎる春の訪れ
暖冬ですね~。
我が家の庭の梅は、もうこんなに咲いています。

20070210221956.jpg

福寿草もこんなに。。。

20070210222040.jpg

今年は、開花を待ちわびる楽しみが無いですね。
日本には「四季」があるのですから、メリハリが無いと何だか。。。
果実酒 -Part2 カリン酒-
一昨年の11月に仕込んだ「かりん酒」が、飲み頃になりました。



かりんは、春、ピンク色の可愛らしい花を咲かせます。
秋には、黄色い大きな実を結びますが、重すぎて、"自爆"してしまうものもありますね。
↑のカリン酒は、1年以上おきましたので、まろやかな口当たりです。
かりんは、喉に良いとか。。。
種ごと漬けましたので、濾しましたら、きれいなルビー色でした。
毎日、お猪口に1杯ずつ楽しめます!


※ ランキングに参加しています ※

www80_15_1[1]  banner_04[1]  

よろしくお願いします !
「べにふうき緑茶」キャンペーン
「べにふうき緑茶」(アサヒ)についての、プチ耳寄り情報です。
今、アサヒでは、一昨年と昨年「べにふうき緑茶」を買った人限定ですが、紹介した5名の方にもれなく、「べにふうき緑茶6本セット」を送るキャンペーンを行っているそうです。
私は、昨年買いましたので、このキャンペーンに応募の資格があるんだそうです。
折角ですから、日頃、ブログでお世話になっている皆様に、是非お届けしたいと思います。
残り4名様分と僅かですが、もし、ご希望の方がいらっしゃいましたら、遠慮なく、左欄のメールフォームより、「名前(本名)」「メールアドレス」を、お知らせ下さいませ。
アサヒより希望者にメールが届きますので、ご自分のお届け先等入力するようです。
先着順ですので、お早めにどうぞ。
お待ちしています
2月20日締め切りにさせていただきます。
「杉花粉飴」を見つけました
偶然、スーパーで「杉花粉飴」を見つけましたので、買ってみました。
昨年、拙ブログで紹介してますが。。。

20070205142436.jpg

子供が花粉症なので、今から、なめるように勧めてみます。
青紫蘇、杉の葉、杉花粉などが入っているようです。
要するに、減感作療法というやつですね。

試食してみましたら、「抹茶飴」のような感じで、美味しいです。
効果があるとといいのですが。。。
"福の神"
今日は、菩提寺の「節分会(せつぶんえ)」に、行って来ました。
護寺会費の集金の時に買った「引換券」があるものですから。。。

豆撒きの後、ガラポンのくじ引きをしましたら、赤い玉がポトリ。
"これって、何等"って思っていましたら、上から2番目の「信徒賞」だというので
中身は、「ポケッタブルバッグ」でした。
名前を大書した紙を貼ってくれましたけど、沢山の人の注目を浴びて、少々気恥ずかしかったですね。
ちなみに、最高賞は「掃除機」でした。
くじ運の悪い私には、出来すぎた日(?)。
「福の神」に感謝せねば(笑)。

20070203224552.jpg

↓「手刺繍」だそうです。
20070203224605.jpg

巷では、「恵方寿司」が流行ってますけど、我が家の夕食は、「けんちん汁」でした。

20070203224617.jpg

沢庵漬け
父が元気な頃、大根の種を蒔きましたので、その大根を使い、「沢庵」を漬けました。
暮れに、夫を"動員"して、夜なべで大根を洗い、二本ずつ葉のところで縛り、竿に跨がせて干しました。
2週間程干して、「つ」の字に曲がる位しんなりさせた後、まな板の上で、ゴリゴリとしごきます。
大根の葉と先端を切り落とし、これで大根の準備が完了です。
干し大根 32本(約21kg)
塩 約500g(大根の重さの2.5%)
糠 約3kg(大根の重さの15%)
鷹の爪 約10本

私の漬け方は、塩分控え目、糠多目ですので、柿の皮などは入れません。
大根の甘みと糠の甘みで、丁度良い甘さですので。

糠、塩、鷹の爪をよく混ぜ合わせ、まず、樽の底に2cm位敷き詰めてから、大根を一段きっちり詰めては、糠を振るという作業を繰り返します。
最後に、干した葉をフタをするように、全体に広げ、ビニールを載せて空気を遮断します。
押し蓋、重石を載せ、水が上がるのを待ちます。
私の場合、減塩で糠が多いので、重石は多めに3倍程かけました。
11日目で、水が上がりましたので、重石を減らしました。

20070201142429.jpg

↓の沢庵は、漬けて1ヶ月余り経ったもので、塩が馴染んで美味しくなりました。

20070131174344.jpg

自家製は、添加物なしなので、安心して食べられるのをよいことに、ついつい、ポリポリと食べ過ぎてしまいます。
昔ながらの塩だけで漬けた沢庵は、市販の沢庵に比べ、素朴な味がしますね。
2ヶ月経つと、↓のように、糠だけで黄色くなります。

20070213225319.jpg

有り難いことに、知人の旦那さんが、私の沢庵を「日本一!」と、褒めてくださいました。
お世辞でも、嬉しいです


※ ランキングに参加しています ※

www80_15_1[1]  banner_04[1]  

よろしくお願いします !

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。