独り言、あれこれ

今日の日付入りカレンダー


05 ≪ 2007/06 ≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリー

リンク

プロフィール

梅もどき

Author:梅もどき
※保存食作りを趣味にしています。中でも、梅干し作りには、思い入れが深いです。
※コメントは、都合により閉じさせていただいています。
※リンク用バナーにどうぞ↓
独り言、あれこれバナー

♪BGM

©Plug-in by PRSU

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人参の花
道沿いの畑で、人参の花を発見!

20070630104056.jpg

人参の花って、知らない人が多いんじゃないでしょうか。
畑で引っこ抜かれずに、そのまま放置されると、花を咲かせますね。
ひょろっと伸びた茎の先で、白い小花が集まって球形を成しています。

人参は、意外にも「せり科」だそうです。葉が、セリに似ているような・・・
スポンサーサイト
アベリア
生垣にアベリアの花が咲いています。
小さな花で、アップで撮るのがやっとです。

20070630003535.jpg

この花の名前は、「アベリア」を連想させますね~。
ウォーキングコースの遊歩道沿いに、かなり長い距離植えられていて、毎年楽しめたんですけど、つい最近、思いっきりバッサリと伐られていてガッカリです。
歩道に伸びた枝が、邪魔になるせいかどうか・・・
造園業者が変わると、手入れの仕方も違います。
ブルーベリー
ウォーキングコースで、ブルーベリーの実を見つけました。
青紫色に熟す前の状態です。

20070630000900.jpg

我が家でも、初めて、実家の畑にブルーベリーの木を植えてみました。
ブルーベリーには、目に良いと言われる「アントシアニン色素」が含まれていますからね。
ジャムにしたり、ブルーベリー酒でも作りたいなと目論んでいるんですけど、果たして収穫できるかどうか?
枇杷
枇杷を頂きました。
初物です。
枇杷は種が多くて、食べる所は余りありませんけど、懐かしい味でした。

20070629092930.jpg

実家にも枇杷の木がありまして、昔、"枇杷ジャム"を作ったことがありますが、ネバネバ感に欠けてイマイチでした。
実は、我が家にも枇杷の木はあります。
大木にならないように、私が剪定しているので、実をつけませんが。。。
酔芙蓉(すいふよう)
実家には、枝垂れ芙蓉の鉢植えがあります。
普通に見かける芙蓉に比べて、"小花"で可愛らしいです。
酔芙蓉の1種です。

20070629091502.jpg

酔芙蓉は、朝は白く、夕方になると赤っぽくなるので、丁度酔っぱらっているように見えることから、こんな名前が付いたようです。
赤紫蘇入れ
梅の塩漬けをしてから、1週間ほど経ちました。
今年は塩分9%で、例年より塩気がきついので、赤紫蘇を入れることにしました。
昨日の朝、新鮮な赤紫蘇を7袋(1袋300g強で90円)ゲット。袋入りは、鮮度が保てて良いです。
梅干しには、葉が縮れている「ちりめんじそ」がお勧めです。
20070627233539.jpg

葉を摘み取り、特大のボールの中で、ジャバジャバと洗います。
5~6回洗い、ようやく汚れが取れました。
20070627233556.jpg

盆ザルに広げて水気を切ります。
20070627233614.jpg

さらに、梅フキ用のタオルでくるむようにして、しっかりと水気を取ります。
水は、カビの大敵ですからね。
この時点で、赤紫蘇の重さをはかりましたら、約2000gありました。

紫蘇の重さの12%の粗塩(240g)を用意します。
私は、もみやすいように、赤紫蘇を500gずつに4等分しましたので、塩も60g×4用意しました。
ボールに赤紫蘇を入れ、半量の30gの塩を振り、もみます。
アクが多い、黒っぽい汁が出ますので、しっかりと絞って、この汁は捨てます。
絞った赤紫蘇に、残りの30gの塩を振り、もみます。
今度は、紫色の汁が出ますが、しっかりと絞って、この汁も捨てます。

絞った赤紫蘇に、白梅酢をすくって注ぎ、赤紫蘇をほぐしながら発色させます。私は、割り箸を使い、素手は使わないようにしています
酸を加えると、ホント鮮やかな赤い色になりますね~。
ここで、赤紫蘇に、ホワイトリカーをスプレーしておきます(念のため)。
赤紫蘇を、梅の上にかぶせるように置いていきます。
20070627233631.jpg

元のように、押し蓋・重石を載せ、ホワイトリカーでスプレーしてから、ビニールで覆います。
<ホワイトリカーは、アルコールで蒸発してしまいますから、ふんだんに使っても余り問題ないと思います。カビは、発生してからの対処が大変ですから、予防的に消毒しておきます>
赤紫蘇入れに、半日かかりました。
疲れますけど、楽しい作業です。


※ ランキングに参加しています ※

www80_15_1[1]  banner_04[1]  

よろしくお願いします !
季節の花々
ヒピリカムは、黄色い花の後に、こんな赤い実を付けます。
目立つので、鳥が啄ばみに来そうです。

20070626001638.jpg

クレマチスもまだ咲いていました。
濃い紫色と薄紫色の"競演"です。

20070626001933.jpg  

百合にもいろいろな種類があります。
今の時期に咲く百合は、"小柄"なものが多いです。
↓のピンク、オレンジ色、黄色の百合は、「透かし百合」のようです。

20070626002808.jpg

↓のオレンジ色の百合は、「姫百合」に似ていますけど、「透かし百合」が正解のようです(訂正します)。

20070626002347.jpg  20070626002438.jpg

ウォーキングで、色とりどりの花たちに会えるのが、とっても楽しみです。
形見分け
父の四十九日が過ぎましたので、母が形見分けをしました。
今の時代、着古したものを人様にやっても、処分に困る位ですから、新品かお金を渡したようです。

我が家は、夫に↓の半袖シャツと下着をもらいました。



この半袖シャツは、父の姉が送ってくれたものですが、一度も袖を通すことなく、逝ってしまいました。
伯母も、父より先に他界しています。

果たして、夫がこのシャツを着ますかどうか?
結構、より好みするほうなもので・・・
シソ科の花
ウォーキング途中には、ブルーサルビアが咲いています。
実際には、ブルーというより、紫色ですね。
一般的な赤いサルビアは、わが市の花なんですけど。。。。
何とな~く暑苦しい感じがします。
それに比べ、ブルーサルビアは涼しそうですね

20070624095942.jpg


我が家のホットリップスも、威勢が良いです。
秋頃まで、長く楽しめます。
一度、刈り込んだんですけど、たちまちこんな状態になりました。

20070624100834.jpg

ホットリップスは不思議な花で、季節によって赤1色だったり、赤と白の割合が変わったりします。
チェリーセージの仲間なので、傍によるとよい香りがします
バウムクーヘン
バウムクーヘンを頂きました。

20070622223540.jpg

滋賀県近江八幡市の"クラブハリエ"の製品のようです。

こんな大きなバウムクーヘンは、今まで、見たことない
直径が18c、高さが9cmもあります。
お味のほうは、しっとりしていて、とっても美味^^;
バウムクーヘン(Baumkuchen)は、ドイツ語で"木のお菓子"という意味ですけど、箱もそれらしくしてあり、拘りが感じられますね。
梅仕事 -その3「梅の塩漬け」-
梅仕事のメーンイベント(?)は、何といっても、梅干し作りですね。

今年は、急遽、ウチの梅を漬けることにしましたので、大慌てでした。
脚立に上って、梅をもぐことから始めなくてはなりませんからね。
新聞配達のおじいさんから、「落ちないで下さいよ」なんて、声かけもありました(笑)。

漬け方は、左欄のカテゴリー「梅干し」をクリックして頂きますと、詳しく記載してあります。

「豊後梅」は、どういうわけか、斑点が多いんですよね。
今年は、沢山実をつけた分、平均して小粒です。中には、小梅のように小さいものもあります。
かと思えば、3L位の大きさのものもあり、不揃いの梅たちです。

20070622151041.jpg

梅が余り良くないので、塩分は少し多目の9%
2本の梅の木の熟し方に、時差がありますので、2回に分けて漬けました。
totalで、約23kgも、ありました。

<6/19漬け込み 約14kg>
20070622151242.jpg

<6/21漬け込み 約9kg>
20070622151320.jpg

塩は、もちろん粗塩使用ですが、オーストラリアのお土産にもらったこんな塩↓も一緒に使ってみました。

20070622151612.jpg

これから、土用干しまで、1日1回点検ですネッ・・・

<追記>
それぞれ、翌日の午前中に梅酢が上がりましたので、重石を14kgの方は7.5kgに、9kgの方は6kgにしました。


※ ランキングに参加しています ※

www80_15_1[1]  banner_04[1]  

よろしくお願いします !
梅仕事 -その2「梅ジャム」-
梅仕事の2点目(?)は、梅ジャム作りです。

20070622145226.jpg

オレンジ色に完熟した梅で作るジャムは、ホント、美味しいです!
6/17、6/19、6/21と3回に分けて作り、totalで約5.3kgありました。

作り方は、コチラをどうぞ。
梅酒同様、お砂糖は梅の重さの7割です。

アクを丁寧にすくいながら、少しゆるい位のところで、煮沸消毒した瓶に詰めます。
冷めると、硬くなりますからね。

我が家では、毎朝食べるヨーグルトのトッピングにしますので、また、梅を見つけたら作るつもりです
梅仕事 -その1「梅酒」-
この1週間、父の四十九日法要に続き、急遽"梅仕事"突入という事態になりまして、大忙しでした

梅仕事は集中的に忙しく、毎年、スケジュールを立てて取り組んできたんですけど、今年は、番狂わせでした

巷では、梅が不作という声も耳にしますが、我が家の庭の梅は、珍しく、沢山実を付けました。
2本の梅の木のうち、「豊後」という種類の方が、小粒ながらすずなり!
でも、消毒をしないので、虫が食ったり、斑点や傷があったり、粒も不揃い。
7月になったら、また、いつもの榛名の南高梅を買いに行くつもりで、のほほんとしていましたが・・・
それにしても、かなり生ってる。
ハタと、"今年は、ウチの梅で梅干しを作ろうか"という気になり、怒涛(ややオーバー)の1週間となった次第です。
まずは、瓶や漬け物樽、重石、ザル洗いから取り掛かりました。幸いにも、晴天が続き助かりました。

例年通り、梅仕事3点セットでした。
まずは、梅酒の仕込み
今年は、"ブランデーで"と思ってたんですけど、手元にゲットしておいた「ホワイトリカー」を使い、いつも通りの梅酒となりました。
作り方は、コチラです。
一般的には、梅と氷砂糖が、1:1の割合ですけど、私のは、梅多目でお砂糖控え目(梅の重さの7割位)です。

20070622121521.jpg

<6/18仕込み>


※ ランキングに参加しています ※

www80_15_1[1]  banner_04[1]  

よろしくお願いします !
コメント受付
ここのところ、記事に無関係なコメントが続いていますので、申し訳ありませんが、コメントは受け付けないことにしました。
ラッキョウの甘酢漬け
今年は、ラッキョウ漬けの予定は無かったんですけど、スーパーで1袋だけ残っているのを見たら、漬けたくなってしまいました。
"鹿児島県産の砂丘もの"と、ありますけど、鹿児島県に砂丘ってありましたっけ・・・
鳥取砂丘なら聞いたことありますけど???

泥つきラッキョウ1kgに対し、酢・水・砂糖をそれぞれ1.5カップ、塩大さじ2、鷹の爪の種を除いたもの2本の割合で漬けました。
調味液を煮立てて冷ましてから、綺麗に洗って乾かしたラッキョウに注いで、冷蔵庫で保存します。
常温だと、カリカリ感がなくなってしまいますね。

20070614172011.jpg

昨年は、塩漬けラッキョウでした。


※ ランキングに参加しています ※

www80_15_1[1]  banner_04[1]  

よろしくお願いします !
紫陽花いろいろ
ウォーキングの途中で、"時の花"紫陽花を沢山見かけました。
一口に紫陽花と言っても、姿形、色 様々ですね~。
よく言われるように、花のように見えるのは萼(がく)で 、花はその中の小さな点のような部分ですね。

<隅田の花火>
20070613225943.jpg  20070613230009.jpg

<ガクアジサイ>            <カシワバアジサイ>
20070613230021.jpg  20070613230214.jpg

20070613230107.jpg  20070613230121.jpg

20070613230134.jpg  20070613230148.jpg

20070613230201.jpg  20070613230038.jpg
                        
↓は、我が家のカシワバアジサイです。母からの頂き物

20070613232331.jpg

<うずあじさい>
2006.07.11 うずあじさい029

フォーマルウェア
フォーマルウェアは、滅多に着ませんけど、父のことで着る機会も多いと思い、新調しました。
今までのものが、着て着られないことはないんですが、少々きついものでして。。。
しかし、私が気に入ったものは、袖が長い!
フォーマルなものは、手の甲にかかるくらい、少し長めが良いとはいえ、少し長すぎます。
お直しの値段を聞いてみると、
「これは、大変ですね。裏地が付いていて、しかも、袖口に飾りがあるので、最低でも3600円はかかりますね~」とのこと。
値段を聞いて、ハタと、"それなら、自分でやってみようか"と。。。
昔、少しばかり洋裁を習ったことがありますので、何とか出来るんじゃないかと。。。

実際、とりかかってみると、お店の人が言うほど、難しくも無く、半日かけたら出来ました。

20070612110435.jpg

ほぐしてみて驚きました。
縫製がものすごく丁寧で、プロの技を感じました。フォーマルウェアだからなのかどうかわかりませんけど、こんな良い仕事をする人の顔が見てみたいと思った程です。
以前、お直ししてもらった時には、余りに雑な仕上がりに、お金を払いたくないと思った程でしたが、今回は、良心的な仕事ぶりに感服です。
放映
叔母が、絵手紙の個展を開いた「妙義山麓美術館」が、今日の5時15分から、NHKの"ゆうどきネット"で、紹介されるようです。
新聞の番組欄に、"名優が絵手紙でつづる故郷"とあります。

興味のある方がいらっしゃいましたら、ご覧になってください。
ハム他の詰め合わせ
ハム・ベーコン・ウインナソーセージなどの詰め合わせを頂きました。

20070610234300.jpg

「高崎ハム」の製品です。
「丸大ハム」や「日本ハム」のような知名度はありませんが、当地では名が知れてます。

丸ごとのハムを切るのは、厚くなったり、斜めになったり、厚みが均一でなかったりと・・・
切るのに苦労します。
こうして、ハムがカットされてパック詰めになっていると、使いやすいですね~

釣鐘草(ツリガネソウ)
カンパニュラとも呼ばれる釣鐘草は、名前の通り、釣鐘の形をしています。
横向きに咲きます。
同じキキョウ科の花に、
蛍袋(ホタルブクロ)が
ありますが、こちらは、
やや細長く、下向きに
咲きます。
俳画をたしなんでいる叔母は、
Tシャツにも花を描きます。
以前、ホタルブクロを描いたTシャツを、プレゼントしてもらったことがあります。
世界でたった1つのTシャツ。。。

南アフリカ原産の花
別名「天竺葵」とも呼ばれるゼラニウムが、咲き競っています。
天竺と付いてますけど、南アフリカが原産なんですね~。
やはり、白が好みです

20070609095633.jpg  20070609095614.jpg

20070609095651.jpg

小花のアッツ桜も、今、満開です。
この花も、南アフリカ原産だそうです。私の好きな花です♪
花弁が3枚ずつ互い違いに付いていて、珍しい。
おばあちゃんが、ピンクと白の寄せ植えをして、楽しませてくれます。

20070609100332.jpg

アッツと言えば、アリューシャン列島に「アッツ島」というのがあるそうです。
太平洋戦争で、日本軍が米軍と闘い、玉砕したとのこと。
ナスタチウムと白妙菊(シロタエギク)
ナスタチウムは、金蓮花(キンレンカ)、凌霄葉蓮(ノウゼンハレン)とも呼ばれますね。
葉が、蓮に似ていて、花が凌霄葛(ノウゼンカズラ)に似ているので、こんな風に呼ばれるようです。
オレンジ色のナスタチウムも見たことがあります。
花好きのおばあちゃんが育てています。

20070608231001.jpg  


白妙菊は、白い葉が特徴的です。
黄色い花と白い葉のコントラストが楽しめます。
お蕎麦屋さんの店先で見かけました。

20070608230946.jpg

冷泉公裕(れいぜい きみひろ)さん
おととい、NHKラジオの番組で、冷泉公裕(れいぜい きみひろ)さんという方を初めて知りました。
俳優として、歌手として長く活動されているようですが、今まで、全く知りませんでした。失礼ながら・・・
ラジオから流れてくる音楽も語りも、とてもゆったりとしていて、思わず、聴き入ってしまいました。
癒し系の方ですね。

しかも、わが県の安中市に住んでらっしゃるというので、びっくり!

6/17の大河ドラマ「風林火山」に、安中市の長源寺住職の役で出演されるそうです。
同県民として、注目・応援したいです


※ ランキングに参加しています ※

www88_31_1[1]  banner2[1]

よろしくお願いします !
手作り財布
世の中には、器用な方がいるんですね~。
手作りの財布を頂きました
シックな柄なので、長く使えそうです。

20070607115923.jpg  20070607115940.jpg

お札を入れるところがありませんので、小銭入れですね。
カードは、入ります。

自分も、高校生の頃、レース糸にビーズを通し、鉤針で細編みにしながらビーズを付けていく「がま口」というものを作ったことがありますが。。。
それよりも、遥かに手が込んでます。
ご縁がありますようにと、105円入れて下さる心配り。
嬉しいですね~。


※ ランキングに参加しています ※

www88_31_1[1]  banner2[1]

よろしくお願いします !
薊(アザミ)
花好きのおばあちゃんのお宅に、アザミが咲いていました。

20070607115102.jpg

アザミは、葉に棘があります。
スコットランドは、この棘のお陰で戦勝したとのことで、アザミが国花だそうです。

あざみの歌という古い歌もありますね。
鼠黐(ネズミモチ)
我が家の庭には、鼠黐(ネズミモチ)の木が、何本かあります。
今、房状の白い小花が満開です。
下から撮ったので、ちょっとわかりにくいですね。

20070607112724.jpg

1cmほどの黒紫色の実を付けるんですけど、それが、鼠の糞に似ていることと、木が黐の木(モチノキ)に似ていることで、こんな名前が付いたとか。
似た花に、「唐鼠黐(トウネズミモチ)」というのがありますが、こちらは、鼠黐よりも大きく、咲く時期も遅いです。
短歌
父の幼なじみが、父を偲んで、短歌を詠んでくれました。

20070606153447.jpg

遠き日は 竹馬の友で ありしかと
君に問いかけ しばし目を閉ず 


昨夜は実家に泊まり、母と2人で、父の思い出を語り合いました。
長年連れ添った母は、父の若かりし頃のことから、最近のことまで、走馬灯のように、あれこれ思い出されるとのことでした。
静かに、じっくりと父を偲び、濃厚な時を過ごすことができました。
父の夢をみました。
今年も、「夏椿」・・・
私の大好きな花「夏椿」に今年も、会えました♪



昨年より、ひと月も早く、お目にかかれました。

この花を見ると、問いかけたくなります。「貴女は、どうして、こんなに美しいの」と・・・惚れ惚れする美しさで、思わず見とれてしまいます。
心が洗われますね(ウットリ)。

追記:↓は、花椿の実です(8/7)。

20070826153502.jpg

梅の実
我が家の梅の木は、今年、近年になく沢山の実をつけています。
早い時期に、梅の花が開花したことと関係があるのかどうか。。。



何年か前に、梅の木の剪定をしてから、あまり実を付けなくなっていたので、ちょっとびっくり状態。
2本の梅の木が、どちらも、すずなりです。
こんな風に沢山実を付けるときは、小粒のことが多いんですけど、今年は、どうでしょうか?

ところで、梅は1個ずつ実を付けるのが一般的ですが、わが県には、枇杷のように連なって実る梅の木があるそうです。
2つから3つ、4つと繋がっている珍しい品種で、1989年に福岡県久留米市の世界つつじセンター職員から贈られたものだそうです。
電動マッサージチェア
実家では、父が入院する何ヶ月か前、↓のような電動マッサージチェアを購入しました。

20070603142152.jpg

両親は、老体に鞭打って農作業してましたので、肩こりや腰・膝関節の痛みなどがあリ、もみほぐすと気持ち良かったようです。

父は、午前中の農作業が終わると、すぐにマッサージにかかり、疲れを癒していました。
今思うと、随分と無理して働いていたんだと思います。

大金を出して買ったマッサージチェアですが、父が亡くなリ、最近はほとんど使われていません。

折角の健康器具ですから、私も、大いに利用しないと。。。。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。