独り言、あれこれ

今日の日付入りカレンダー


06 ≪ 2007/07 ≫ 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリー

リンク

プロフィール

梅もどき

Author:梅もどき
※保存食作りを趣味にしています。中でも、梅干し作りには、思い入れが深いです。
※コメントは、都合により閉じさせていただいています。
※リンク用バナーにどうぞ↓
独り言、あれこれバナー

♪BGM

©Plug-in by PRSU

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥の巣 -その8-
ヒヨドリの雛は、羽毛が大分生えてきて、小さな巣の中で、ますます窮屈そうにしています。

20070731165318.jpg

5羽が、ひしめきあっているような状態です。

20070731165344.jpg

親鳥がせっせとエサを運んできて、良く面倒みてますので、順調に成長しているようです。
ヒヨドリの子育てを見ていると、感心することが多いですね。
人間も見習わなくっちゃ・・・
スポンサーサイト
カレーパンと酒饅頭
代官山カレーパンを頂きました。
冷凍になってます。
このカレーパンは、生地が黄色で、具のカレーの中に福神漬けが入っているという珍しいパン。
カレーパンがここまで美味しいとは!

20070730133317.jpg

酒饅頭も頂きました。
酒の香りと「こしあん」が私好みです。
全て手作りというだけに、形が不揃いですが、そこが良いですね~。
添加物も一切使用してないそうです。
そのため、翌日には硬くなってしまいますけど、炊きたてのご飯の上にのせて置くと、ふっくらします。
レンジで温めるよりも、ムラなく温まりますね。

20070730133334.jpg

百日紅(サルスベリ)
夏の花サルスベリが、元気良く咲いています。
この暑さにも負けず、強いですね~。

名前の由来は、百日間つまり長く咲き続けることと、幹がツルツルしていて、木登り名人の猿も落ちてしまうということから。

20070729152844.jpg  20070805125905.jpg

私のウォーキングコースでは、薄ピンクとピンクを見かけますが、白もあるようです。
鳥の巣 -その7-
我が家の庭の山茶花に巣を作っヒヨドリですが・・・

雛たちは、日増しに鳥らしくなってきました。
羽も生えてきました。
ピーピーとか細い鳴き声を立てて、親鳥がエサを運んでくるのを、首を長~くして待っています。
よくもあんなに首が伸びるものと、感心してしまうほど・・・

狭い巣の中に、鳥が5羽は、窮屈そうです。
暑さも加わり、ややバテ気味にも見えるのですが・・・
もう少しで、巣立ちかと思うと、寂しいですね

20070729145941.jpg

梅仕事終了
今朝、梅がまだしっとりしているうちに、取り込みました。

20070728164747.jpg

昨夜は小雨が降りましたので、一旦家の中に入れ、雨が止んでからまた、軒下に出しました。
最後の夜ですから、夜露に当てたくて。。。

昨年は、3日間良い天気に恵まれましたけど、今年の土用干しは、梅雨明け前で、中2日が不安定な天気でした。
盆ザルを入れたり出したりと、わりと手のかかった土用干しでした。

今年の梅干しは、久しぶりに庭の梅を使い、赤紫蘇を入れてみました。
しばらく、白梅干しでしたので、何だか新鮮な感じです!
カラカラに干した赤紫蘇を、煮沸消毒した赤梅酢に浸してから、梅と一緒に保存します。

20070728164759.jpg

梅干しの入った甕と瓶を物置にしまい、盆ザルを洗って乾かし、新聞紙に包んでしまい、今年の梅仕事が全て終了しました。
1ヶ月以上に亘る長丁場の梅干し作りですが、14年目の今年も無事に終えることが出来、ホッとしています。


※ ランキングに参加しています ※

www80_15_1[1]  banner_04[1]  

よろしくお願いします !
梅の土用干し 4日目
土用干し4日目の今日は、1日目と同じような、土用干し日和
一昨日が曇りがち、昨日が曇り・雨とイマイチなお天気でしたけど、挽回できました
梅もシワシワで白っぽくなりましたので、今晩夜露にあて、明朝取り込めそうです。
雨に気をつけねば。。。
最後まで、梅仕事は気を抜けません。
兼好法師の「高名の木登り」を肝に銘じて。。。

20070727162615.jpg  20070727162546.jpg



※ ランキングに参加しています ※

www80_15_1[1]  banner_04[1]  

よろしくお願いします !
梅雨明け前に、"梨"
関東地方では、まだ梅雨も明けないというのに、何と、幸水梨が届きました
今や、7月でも梨が食べられるんですね~。
当然、お値段の方も張りそうです。

お味のほうは、甘みがちょっと足りないかなという気はしますけど、みずみずしくて、美味しいです!
西瓜の感覚で食べられそうですね。

20070727095010.jpg

梅の土用干し 3日目
土用干し3日目の今日は、午前中一時的に雨が降りました。
梅干し作り14年目ともなると、土用干しの雨も何度か経験していますけど、この時期の雨はいただけないですねぇ。。。
と言っても、お天気相手ですから仕方ないです。
濡らさないだけ良しとします。前向きに。。。
↓の写真は、午前中撮ったものです。この時は、薄日もさして、まずまずの天気になるかなぁと思ったんですけどね。。。
一時、家の中に「避難」させましたけど、午後は、雨も止みましたので、また軒下に干しました。
明日もう1日干さないとダメかもしれません。

20070726154115.jpg



※ ランキングに参加しています ※

www80_15_1[1]  banner_04[1]  

よろしくお願いします !
古代ハス
近くの駅のホームでは、毎年、古代ハスが観賞できます。
古代ハスは、発見者の名前をとって、「大賀ハス」と呼ばれているようです。
東大農学部教授の大賀博士が、1951年に千葉県検見川市の弥生時代の地層からこの蓮の実を発見し、この2000年も前の実の発芽、開花に成功したんだそうです。
ハスは、午後には花が閉じてしまいますので、午前中に見に行かないと・・・
花の開閉を3回繰り返し、4日目に花びらが散るそうです。
ハスは、仏教と関係が深いなぁと思ったら、インド原産とか。
ハスは、蜂巣(はちす)の略なんだそうです。なぜ蜂巣かというと、花の真ん中(芯?)が、丁度蜂の巣のように穴があいていることから。
花びらが散ると、良く分かります。
美しいですね~!

20070725114540.jpg  20070725114556.jpg

梅雨明け前に、梅の土用干し
コチラでは、まだ梅雨が明けませんけど、今日は、久しぶりにカラッと晴れて、土用干し日和!
なので、急遽、土用干しをすることにしました。

3日間晴れの天気が続く時に干すのが理想ですが、天気予報では、この先ずっと曇りの天気で、スカッと晴れる天気は期待できそうにありません。
梅の塩漬けから、すでに33日目でもあるし、"干すしかない"と思い切りました(笑)。

今年は久々に紫蘇を入れた梅干し。
紫蘇の香りに包まれながらの梅仕事は、至福の時間です。
↓は、夕方撮った画像です。

20070724233232.jpg

やっと、樽から出してもらえ、満足そうな梅たちです。
我が家の梅を使いましたので、粒が不揃いですが・・・


※ ランキングに参加しています ※

www80_15_1[1]  banner_04[1]  

よろしくお願いします !
鳥の巣 -その6-
今朝、ヒヨドリの鳴き声が、やけに賑やかでした。
ひょっとして。。。
午後、巣を覗いてみましたら。。。

20070724230722.jpg

雛が孵ってました。何だか、痛々しい感じです。
卵が5個ありましたけど、全部孵化したようです。

時々、親鳥が心配そうに見に来ます。
↓は、親鳥が雛の上にとまっているところです。雛を潰さないように、上手く体勢(?)をとってるんですね。
感心してしまいます。

20070724230739.jpg

涼しさのおすそ分け
以前にも紹介した、私のウォーキングコースの遊歩道です。
雑草や木が生い茂っていて、歩きにくかったのですが、造園業者が入って手入れされました。
癒しの音とともにどうぞ!




ONをクリックしてみて下さい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

冷やし中華
乾麺の冷やし中華を頂きました。
黒鉄ヒロシさんのイラスト入りで、その名も「黒鉄屋 青兵衛(くろがねや あおべえ)」。
隣の町の星野物産の製品です。

20070723100138.jpg  20070723100155.jpg

美味しいですけど、やはり、生めんには劣る気がします。
鳥の巣 -その5-
おととい、鳥の巣の周りで低く飛んでいるカラスを発見!
ひょっとして、卵を狙っているのかと心配になり、鳥が留守の間に巣の中を覗いてみたら、びっくり
卵が1つ増えて、5個になっています。
20070710094148.jpg  20070722010315.jpg

"そろそろ、雛が孵るんかなぁ"と思っていましたので、これからどうなるのか?

それにしても、カラスが気になります。
「頼むから、無事に巣立つまで邪魔しないでよね」
梅雨明けは・・・
梅の塩漬けをしてから、1ヵ月が経ちました。
この1ヶ月間、梅酢の濁りやカビも見られず、安泰でした。

20070720001619.jpg

土用干しのスタンバイOKなんですけど、肝心のお天気が、はっきりしませんねぇ。
昨年は、8月2日に、塩漬けしてから17日目で干し始めています。
今年は、久々に紫蘇を入れてみましたので、ちょっと、楽しみ~!

そろそろ樽から出してやりたいですけど、こればっかりは、お天気次第ですからね。
梅雨明けが待ち遠しいなぁ
木槿(ムクゲ)
あちらこちらに、ムクゲが咲いています。
韓国の国花らしいです。

中でも、白一色がお気に入りです。



↓のムクゲは、「日の丸>」とも呼ばれているようです。
なるほど。。。
日の丸の旗に、"♪白地に赤く 日の丸染めて・・・"と歌われてます。

20070719234109.jpg

↓は、一重と八重のピンクのムクゲです。紫がかってますが・・・

20070719234126.jpg  20070720104320.jpg

全粒粉パン - ゴマパン-
全粒粉パンは、独特の風味があって美味しいので、今度は、ゴマパンを作ってみました。
大きさが不揃いで、形もイマイチですが、手作りのブルーべりージャム(右上)を塗って食べましたら、大満足の味でした!
外はカリッとしてて、中はふんわ~り。
全粒粉もゴマもヘルシーで、これは気に入りました

20070719001944.jpg

パン作りをされる方は、ご存知だと思いますが、フランスのマトファー製のクッキングシートは、生地とクッキングシートがくっつかないんですね
グラスファイバー製で、洗って何度も使えるので、環境にも優しいです。
で、私も買いました。具合が良いです

20070719001957.jpg

全粒粉パン -ぶどうパン-
お土産に頂いた「大粒レーズン」を使って、ぶどうパンを作りました。
生地に混ぜ込むと、普通のレーズンと変わりありませんけど。。。(笑)。

20070718120833.jpg

日頃は、ホームベーカリーさんのお世話になって、食パンを作るくらいですが、今回、フードプロセッサーと買い換えたオーブンレンジを使って作りました。
全粒粉パンです。
ちょっと、発酵が足りないかなぁという気もしますけど、お味の方は、バッチリでした
全粒粉パンて、癖になりそうです。美味しいですね~。
甲州みやげ
山梨に出かけた方から、お土産を頂きました♪

20070718102750.jpg

ワインと大粒レーズンです。
いかにも、山梨らしいお土産ですね。
このワインは、国内で栽培されたドイツの高級ワイン品種「リースリング」を100%使用し、長期熟成したプレミアムワインだそうです。
どんな味がするのか、楽しみ~。
って、昨年の秋、こころみ学園で買った赤ワインも、まだ飲んでないっ!

レーズンは、巨峰を使っていますので、普通のレーズンよりも大きめです。
夫は、ドライフルーツが大好きなので、早速、ぶどうパンを作ってみました。
<カテゴリーのパン>に、UPします。
白い花の実
春に、白い小花をすずなりに咲かせたエゴノキが、淡い緑色の実をつけています。
真ん丸で、とても可愛らしいです。
実の皮は有毒で、 "エグイ"味がすることから、こんな名が付いたようです。

20070717111127.jpg

↓は、エゴノキの花です。画像が無いので、「季節の花 300」 http://www.hana300.comより、お借りしました。

egonok2[1].jpg

コチラは、白山吹の実です。
花は真っ白でしたけど、実は赤黒く、米粒のようでした。だんだんに、黒くなるようです。

20070717111145.jpg

↓は、白山吹の花です。


八重の山吹には、実がつかないんですよね。
↓は、以前、拙サイトで紹介した「太田道灌の山吹にまつわる逸話」の記事の引用です。

あるとき、鷹狩の途中でにわか雨に降られた太田道灌が、一軒の農家に蓑(みの)を借りようと訪ねたところ、その家の娘は山吹の花一枝を折ってさしだします。道潅はこの花の意味が解らず憤慨します。
あとになって、『後拾遺和歌集』の兼明親王(かねあきらしんのう)が詠んだ、
「七重八重 花は咲けども 山吹の 実の(蓑)一つだに なきぞ悲しき」
という歌にまつわる故事で、八重の山吹は実をつけないことから
「みのひとつだになき」= 貸す蓑(みの)すらない貧しさを意味しているのだと知る。
このとき道潅は自分をおおいに恥じて、それから学問にいそしみ文武両道に優れた武将となっていく。


ちなみに、一重の山吹の実は、↓です。

20070502152300.jpg  20070802112237.jpg

鳥の巣 -その4-
我が家の庭に巣を作っている鳥の名前が、判明しました。
ヒヨドリでした。
「留鳥」と言って、季節による移動をせず、一年じゅう同一地域にすむ鳥らしいです。
望遠で、キャッチしたので、よく撮れてませんが・・・

20070716120907.jpg

ネットで、「鳥博士」に"鳥の卵と鳥の姿"の写真を送り、判別して頂きました。
ネットは、ありがたいなぁと、実感!

台風で、巣が落ちてしまわないかと心配しましたけど、無事でホッとしました。
風雨の中、じーっと抱卵していました。健気ですね~
桔梗(ききょう)と薮萱草(ヤブカンゾウ)
桔梗を見つけました。
清楚ですね~。
秋の七草の1つで、万葉集では、桔梗のことを朝顔と言っていたようです。
我が家にも、以前、白色の桔梗がありましたけど、いつのまにか絶えてしまいました(涙)。

20070715150218.jpg  20070720103628.jpg

今、我が家の庭には、薮萱草が、ひと際鮮やかに咲いています。
ゆり科で、八重咲きです。
若葉や若芽は、山菜として食べられるそうです。食べたことありませんけど。。。
似た花に、野萱草(ノカンゾウ)というのもありますけど、コチラは一重なので、見分けがつきます。

20070715150202.jpg

カブトムシ
我が家の庭に、また、お客様が・・・
鳥に続き、今度は、カブトムシです。

20070714125035.jpg

↑の画像は、私の目の前に、お腹を上にして落ちてきましたので、下向きに直してやった所です。
しばらく、じっとしていて動かなかったんですけど、1時間ウォーキングして戻ると、消えていました(笑)。
生きてたんですね~(ホッ)。

カブトムシと言えば、ビートルズというイギリスのロックグループが有名ですね。

「フォルクスワーゲン・ビートル」に対して、スバル360は「テントウムシ」なんて、言われたようです。
ちなみに、スバル360の製造元「富士重工業」は、わが県の太田市にあります。
スバルをかたどったSUBARUサブレーなるものも、あります。
中筋遺跡(なかすじいせき)
先日、実家の近くにある古墳時代の遺跡、中筋遺跡を訪れました。
たまたま車で通って、見つけたのですが。。。
住宅街の中にありました。
約1500年前の榛名山の大爆発で、火砕流により埋もれた村のようです。

20070713092940.jpg

20070713092956.jpg  20070713093012.jpg

20070713093024.jpg  20070713093037.jpg

中学生の時、訪れた静岡県の「登呂遺跡」は、弥生時代の遺跡ですから、それよりも後の遺跡ということになりますね。
中筋遺跡は、以前から1度見てみたいと思っていましたので、思いがけず訪れることが出来、スッキリしました
黄色い花
線路沿いには、カンナが咲いています。
カンナというと、"真っ赤な花"というイメージがありますけど、黄色いカンナもあるんですね。
花が、グラジオラスに似ている気もしますが、グラジオラスはアヤメ科、カンナはカンナ科だそうです。



↓は、待宵草(まつよいぐさ) です。
かの有名な竹久夢二さんは、「宵待草」と間違えて使ったらしいですが・・・
伊香保温泉には、竹久夢二伊香保記念館があります。
私も1度行ったことがあります。独特の夢二の世界ですね。

20070712215725.jpg

鳥の巣 -その3-
昨日見つけた鳥ですが。。。
昨日は、朝からお昼頃まで巣に戻らず心配しましたけど、午後はずっと卵を抱いていました。
今日も、降ったり止んだりの雨の中、巣の中でじっとしています。
樹上で、木の葉が雨除けになるとはいえ、親鳥は随分と羽を濡らしているでしょうね。
卵を守る為に、必死なんですね。
人間の世界のように、「赤ちゃんポスト」は、ありませんから。。。

20070711163501.jpg

最初のうちは、鳥が逃げないように↑のオペラグラスを使って、遠くから見ていましたけど、今では、傍を通っても逃げません。
信頼されたカナ(笑)。
たまに、"お食事"に行くのか、留守にしますけど、ほとんど1日中卵を抱いています。
↓は、背後からそ~っと、撮りました。
尻尾が写っているのが、わかりますか?

2007.07.11.jpg

鳥の名前を、ネットで検索してみました。
もしかして、小千鳥(コチドリ)かなとも思いますが、正確な名前はわかりません。
卵の柄からすると、コチドリのようですが、コチドリは河原や水田が好きみたいなので、違うかも。
鳥の姿全部が見られれば、わかるかもしれませんが、何しろ素早くて。。。

巣立つまで、そ~っと見守りたいですね。
ガンバレ!
いただきもの2品
アンリ・シャルパンティエ(兵庫県芦屋市にあります)の焼き菓子を頂きました。
北海道根釧地方の発酵バターに拘った、3種類の焼き菓子の詰め合わせです。
しっとりしていて、とっても美味
マドレーヌは、貝殻の形をしています。
それにしても、お値段を知ってびっくり! こんなにお高いものを頂いてしまって。。。

20070711163553.jpg


↓は、佃煮などの瓶詰めのセットです。
しじみ・三陸わかめ・伊勢志摩のリ・日高昆布・あさり・黒豆甘煮の6種類。
我が家では、しじみとあさりが、人気ありそうです。
あったかいご飯にのせて食べると、美味しいだろうなぁ!

20070711163610.jpg

贈り主お二方に、感謝しながらいただきます。
鳥の巣 -その2-
先日の鳥の巣ですが・・・
とんでもない勘違いをしていました

"卵の殻が無くて変だなぁ"とは思いつつ、巣立った後だとばかり思っていましたら・・・
今朝、巣の中に鳥がいるのを発見!
"もしかして、卵を温めているのでは・・・"
ちょっと緊張してしまいました(笑)。

鳥の名前はわかりませんが、尾が長いので雀でないことは確かです。
私が知らずに近づいてしまいましたので、親鳥は逃げてしまいました。
巣の中を覗いてみましたら、↓のように卵が4個ありました!
ウズラの卵位の大きさかなぁ・・・



親鳥には、ホント申し訳ないことをしてしまいました
「何もしないから、また、戻ってきて~」と祈っているのですが・・・
ユリ科の花
アガパンサスを見かけました。
<別名 紫君子蘭> 君子蘭に良く似ています。
紫色の他に、白やピンクもあるようです。

20070709230717.jpg

擬宝珠(ギボウシ)も、あちらこちらで見かけます。
ギボウシの蕾が、欄干などの柱の上端につける宝珠形の装飾に似ていることから、こんな名前が付いたようです。
ネギの花の葱坊主も、擬宝珠と言いますね。

20070709230753.jpg

いただきました♪
近所の懇意にしている方から、早くも巨峰を頂きました。
ちょっと、酸っぱみが気になりますけど、新鮮なぶどうでした。

20070708094122.jpg

↓は、水羊羹・果物ゼリー・葛もちなどの詰め合わせです。
食後のデザートに、冷やして食べるつもりです。

20070708094143.jpg

ウチもそろそろ、お中元の品定めをしないと。。。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。