独り言、あれこれ

今日の日付入りカレンダー


03 ≪ 2008/04 ≫ 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリー

リンク

プロフィール

梅もどき

Author:梅もどき
※保存食作りを趣味にしています。中でも、梅干し作りには、思い入れが深いです。
※コメントは、都合により閉じさせていただいています。
※リンク用バナーにどうぞ↓
独り言、あれこれバナー

♪BGM

©Plug-in by PRSU

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「鰆の竜田揚げ」弁当
2008.04.30 003 ロゴ 白

・鰆の竜田揚げ  ・目玉焼き  ・フキノトウの天ぷら
・プチトマト  ・カボチャ煮  ・アサリの生姜煮  
・オイキムチ


わが家は、カレンダー通りなので、2人ともお弁当持って出かけました。

昨日は、息子が競技中、スパイクシューズのピンで膝下を切ってしまい、病院へ連れて行きました。
3cm位の傷ですが、傷が深く挫滅してました。
縫合は無理とのことで、テープで様子を見ることに・・・
消毒に行かなければなりません。
大事に至らなくて良かったんですけど、先生から電話をもらった時は、ドッキリしました。

競技の結果は、2位と健闘したようですけど、怪我をしては元も子もないです。
気をつけてよ~


※ ランキングに参加しています ※

www88_31_1[1]  banner2[1]

よろしくお願いします !
スポンサーサイト
道端に咲く花
↓は、金鳳花(キンポウゲ)科の這金鳳花(ハイキンポウゲ)です。
茎が、地面を這うように伸びる所から「這」なんですね。
2~3cmの黄色い5弁花で、光沢があります。

2008.04.28 002

↓は、芥子(ケシ)科の草の王です。
「草の黄」とか「瘡の王」とも書くようです。「瘡」は、丹毒に効くところから。
↑のハイキンポウゲに似てますけど、コチラは、4弁花です。花の大きさは、2cm位かな。

2008.04.28 013

↓は、カタバミ科の酢漿草(カタバミ)です。
「酢」の字って?
葉や茎に蓚酸(しゅうさん)を含んでいて、酸っぱいので。
極小花ですけど、チャンと、サヤが出来ますね。

2008.04.28 015

↓は、カタバミ科のオキザリスです。
コチラも、極小花ですね。
オキザリスには、花カタバミ・紫カタバミ・芋カタバミなどがありますが、↓のは花びらの中心が薄いピンク色なので、紫カタバミのようです。

2008.04.28 001

↓は、風露草(フウロソウ)科のアメリカ風露(フウロ)です。
淡いピンク色をした、直径5mm位の小さな小さな花です。健気ですね~。
濃いピンク色のオランダフウロというのもあるようです。

2008.04.28 016


道端に咲く小花は、あまり目に留めてもらえませんけど、小さいながらも自己主張していて、いじらしいです。
「山芋の梅おかか和え」弁当
2008.04.29 001  ロゴ 白

・ベーコン・ピーマン・タマネギのクレイジーソルト焼き
・山芋の梅おかか和え  ・ネギ入り卵焼き
・焼き鮭  ・キュウリの金山寺味噌添え



今日は、息子が陸上競技大会に参加の為、お弁当持参です。
5時起きで、作ったんですけど・・・・プチトマト入れ忘れてます

「山芋の梅おかか和え」は、サラダ油少々を熱したフライパンで、山芋を焦げ目が付く位に焼き、おかか入りの梅肉で和えただけです。
さっぱり系ですね。


※ ランキングに参加しています ※

www88_31_1[1]  banner2[1]

よろしくお願いします !
モッコウバラとスズランとクレマチス
↓は、薔薇(バラ)科の木香薔薇 (モッコウバラ)です。
中国原産。普通のバラと違って、棘が無く、春1回咲くだけです。

八重のクリーム色のバラを良く見かけますけど、白の八重もあるみたいです。
「木香」というだけに、かすかに香りがあるみたいなんですけど・・・
私は傍によって写真を撮りましたけど、匂いには気付きませんでした。
白い色の方が、香りが良いらしいです。

2008.04.28 021

2008.04.28 022

追記(4/30):ウォーキングの途中で、白い色のモッコウバラを発見!
確かに、香りが良い~。いつも通っているところなのに、どうして気付かなかったんだろう


2008.05.01 019

↓は、百合科の鈴蘭(スズラン)です。
ヨーロッパ原産。
ポピュラーなドイツスズランで、「鈴蘭水仙」に良く似てます。
鈴のような花姿から、鈴蘭という名が付いたようです。
清楚で愛らしく、香りも良い花ですが、意外にも、有毒とのこと。ご注意を!

2008.04.28 020

↓は、金鳳花(キンポウゲ)科のクレマチス(モンタナ系)です。
クレマチスと言うと、花びらが6枚の「鉄線」や、8枚の「風車」を良く見かけますが・・・
クレマチスの中のモンタナ系と呼ばれるものは、花びらが4枚で、花を沢山付けるのが特徴のようです。

2008.04.28 030

「牛カルビ焼き肉」弁当
2008.4.28 001 ロゴ 白

・牛カルビ焼き肉  ・ミニ餃子  ・味付け蛸

・プチトマト  ・ゆで卵  ・油菜のおひたし


「牛カルビ焼き肉」は、前夜、みりん・酒・ニンニク醤油・すりおろし生姜の漬け汁に漬け込み、朝、汁ごと焼きました。
仕上げに、白胡麻と小ネギをパラリと振って出来上がり。
息子は、大喜びするでしょうけど、夫にはどうかなぁ・・・←夫は、魚好き


わが家の庭の、石楠花(シャクナゲ)が、久しぶりに咲きました♪
3~4年ぶりかも・・・
もう、咲くことはないだろうとあきらめてましたので、大感激!!

2008.4.28 004



※ ランキングに参加しています ※

www88_31_1[1]  banner2[1]

よろしくお願いします !
手土産
2008.4.26 002 ロゴ 白

親戚への手土産に、ちらし寿司を作ってもって行きました。
かんぴょう・竹輪・高野豆腐・人参・牛蒡・油揚げ・干し椎茸の7品目入りです。
た~くさん作って、パック詰めにして持っていきましたら・・・
「こういう手作りのものが何よりです」と、大喜びしてもらえました。
作った甲斐がありました


※ ランキングに参加しています ※

www88_31_1[1]  banner2[1]

よろしくお願いします !
おせんべい2種
おせんべいを頂きました。
↓は、栃木県小山市に本店がある蛸屋の「四季の暦」です。
「蛸屋」さんは、元禄11年創業の和菓子の老舗らしいです。
少しずつ、いろんな種類のおせんべいを味わえました。

2008.01.06 012

↓は、安中市の「磯部せんべい」です。
「磯部せんべい」は群馬県西部の安中市にある磯部温泉の土産物として知られる小麦粉と砂糖を主な原料とし、源泉である磯部の温泉水で練り上げ、薄く焼いたものです。せんべいというと米を原料とするものが多いのですが、小麦粉を原料とした少数派せんべいです。<引用>

薄く焼いたせんべいに、クリーム(プレーン・黒胡麻・チーズ)がサンドしてありました。
黒胡麻味が、美味しかったです!

2008.03.08 005

「デビルエッグ」弁当
2008.4.25 004ロゴ 白

・デビルエッグ  ・茄子の煮浸し  ・焼き魚(シシャモ)
・プチトマト  ・スナップエンドウのハム巻き
・青梗菜とコーンのツナサラダ


久々に、「デビルエッグ」の登場です
作り方は、・・・
固ゆで卵の白身を、ギザギザカットで1/2にし、黄身を取り出します。
黄身に塩・コショウ・乾燥パセリ・マヨネーズを混ぜて、白身のカップに載せるだけ。
黒コショウを沢山入れたものを、「デビルエッグ」。
黒コショウが控え目なのは、「エンジェルエッグ」。

ゆで卵は、黄身がボロボロしがちですが、マヨネーズが入るとしっとりして、食べやすいですね


※ ランキングに参加しています ※

www88_31_1[1]  banner2[1]

よろしくお願いします !
ブルーベリーとイエローベリー
↓は、ウォーキングの途中で見つけたツツジ科のブルーベリーの花です。
北アメリカ原産。薄ピンク色の袋状をした可愛い花です。
ブルーベリーは目に良いというので、わが家では夫が張り切って5本買ってきて植えましたが、全滅
育てやすいと聞いていたのに、何故なんだろう?

2008.04.21 025

↓は、わが家の庭に咲いているバラ科のイエローベリーの花です。
イエローベリーは、親木が毎年若返り旺盛に成長するので、「不老長寿のいちご」と呼ばれているようです。
イエローと言っても、実はオレンジ色ですね。
毎年、鳥に先を越されてしまい、ちょっとしか食べられないんですよね~(涙)。

2008.04.22 005

レーズン・胡桃入りパン
20080424171311[1] ロゴ 白

強力粉260gにグラハム粉40gをブレンドした生地に、レーズンと胡桃を100g程入れて焼きました。
レーズンと胡桃とグラハムパンの組み合わせって、美味しいですね~


※ ランキングに参加しています ※

www88_31_1[1]  banner2[1]

よろしくお願いします !
「市販のエビバーグ」弁当
2008.04.24 004 ロゴ 白

・エビバーグ(大葉添え)  ・がんも・鰯のつみれ・人参煮  
・アスパラ  ・プチトマト  ・目玉焼き  
・サラミのハンペンサンド


昨日、買い物に行って「エビバーグ」が目につきましたので、買ってみました。
自分でも、これまで、鰯バーグ・鮪バーグ・エビバーグなどの魚バーグを作りましたけど、市販のものはどんなかなぁと、ちょっと興味がありまして・・・

タマネギや白身の魚が入っていました。今度、まねして作ってみようかしらん


※ ランキングに参加しています ※

www88_31_1[1]  banner2[1]

よろしくお願いします !
ハナカンザシと白山吹と・・・
↓は、菊科の花簪 (ハナカンザシ)で、オーストラリア原産です。
名前が良いですよね~!
この花、蕾の時は、白と赤紫色で、コチラも、なかなかキレイです。

2008.04.21 029

↓は、私の好きなバラ科の白山吹(シロヤマブキ)です。
普通「山吹」と言うと、山吹色という言い方があるように、黄色を連想しますが、白い色のもありますす。
山吹は花びらが5枚であるのに対し、白山吹は4枚です。
花は白ですが、実は対照的に黒というのが、何とも・・・惹かれます。

2008.04.21 020

↓は、菊科のローダンセマム「アフリカンアイズ」です。
難しい名前ですね~。
マーガレットに似てますけど、花が小さめです。葉が白っぽいのが特徴ですね。
空に向かって背伸びするように咲いていて、お行儀の良い花です(笑)。

2008.04.16 048

「ささがき牛蒡のきんぴら」弁当
2008.04.23 006 ロゴ 白

・ヒレカツ(レタス)  ・プチトマト  ・鮪と昆布の佃煮

・オイキムチ風  ・ゆで卵  ・きんぴらごぼう


「きんぴら」と言えば、牛蒡と人参を「拍子木」に切るのが定番ですが・・・
Blog検索してみると、ささがき牛蒡のきんぴらを目にしますので、作ってみました。
「ささがき」だと、すぐに牛蒡が軟らかくなりますので、きんぴらが手軽に出来ますね

私流きんぴらの作り方は・・・
サラダ油にごま油を加えて炒めます。ごま油を使うと、風味がUPします。
炒めた後、ほんの少し水を入れて、蒸し煮にします。牛蒡が早く軟らかくなります。
牛蒡が、ほぼ軟らかくなったら、みりん・砂糖・だし醤油・塩を加えて炒め、最後に、白胡麻をパラパラと振って出来上がりです。
鷹の爪を入れることもあります。


※ ランキングに参加しています ※

www88_31_1[1]  banner2[1]

よろしくお願いします !
白団子
2008.04.23 002 ロゴ 白

父の1年忌に、お団子を作らなければなりません。
約40人の方に、2個ずつ食べてもらいますので、かなりの量が必要です。
何故か、私がお団子作りの担当になりましたので、シミュレーションしました(笑)。

上新粉150gで、18個出来ましたので、本番では、5倍の750gで、足りそうかな・・・
蒸しあがったら、すぐに団扇で扇いで、ツヤを出します。すし飯と同じですね。


※ ランキングに参加しています ※

www88_31_1[1]  banner2[1]

よろしくお願いします !
庭に咲く花々
↓は、夾竹桃(キョウチクトウ)科の斑入り ツルニチニチソウ(蔓日々草) です。
この花には、繁栄・幸福・不死の力・魔力といった言い伝えがあるようです。
地中海沿岸原産。

ニチニチソウは、よく見かける花ですが、葉に斑が入っていて、横に伸びていくのは、珍しいですね。
紫色の花は、普通のニチニチソウでは、見たことないです。

2008.04.21 028


↓は、花丈の短い、菊科のデージー(雛菊)です。
西ヨーロッパ原産で、イタリアの国花だそうです。
可愛い花ですけど、結構強い花みたいですね。

2008.04.16 027


↓は、金鳳花(キンポウゲ)科のアネモネです。
南ヨーロッパ地中海沿岸原産。
赤や白のアネモネもあるそうなので、見てみたいです。
ちょっと見、ポピー(ヒナゲシ)に似ている気がしますが・・・

2008.04.21 009

↓は、道端でよく見かける、オレンジ色の長実雛罌粟(ナガミヒナゲシ)です。

2008.04.21 012

↓は、菊科のマーガレット(木春菊)の1種かと思います。
ピンク色の優しい感じの花です。
マーガレットは、アフリカのモロッコ沖のカナリア諸島原産。
名前の由来は、ギリシャ語のマルガリーテ(真珠)だそうです。

2008.04.21 034

ライラックと月桂樹とハナミズキ
↓は、木犀(モクセイ)科のライラックです。
ライラックは英語、フランス語ではリラですね。
紫丁香花(ムラサキハシドイ)とも言われるように、紫色のものが目につきます。上品な色ですね~。
香りが良いので、香水の原料にもなるそうです。
ヨーロッパ南東部原産で、札幌市の花。

2008.04.16 008

↓は、白い色のライラックです。

2008.04.21 026

↓は、葉が香辛料に使われる、楠(クスノキ)科の月桂樹です。
ローリエとか、ローレルとも呼ばれますね。南ヨーロッパ原産。
小さな淡い黄色の花ですけど、密集して咲きますので、目につきます。

2008.04.21 006

↓は、水木科の花水木(ハナミズキ)です。
1915(大正4)年に、東京市長の尾崎行雄氏がアメリカのワシントン市へ桜を寄贈した返礼として、アメリカから贈られた。(引用)
北アメリカ原産で、別名アメリカ山法師。バージニア州の州花。
花も美しいですけど、秋の紅葉と赤い実も楽しめます。
山法師はこんな花です。
山法師と花水木は似てますけど、山法師の花びらは先が尖ってるのに対し、花水木の方はくびれています。
どちらも、花びらに見えるのは、実は「苞」で、花は中心に集まってます。

白、薄ピンク、濃いピンクのグラデーションをどうぞ!
それぞれに、美しい!

2008.04.21 017

2008.04.21 016

2008.04.21 014

「焼き椎茸の大葉巻き」弁当
2008.04.22 003 ロゴ 白

・焼き椎茸の大葉巻き  ・油菜のおひたし  ・プチトマト
・蒸し茄子の胡麻和え  ・大学芋  ・カニカマ入り卵焼き
・焼き魚(鮪の味噌漬け)


椎茸を沢山頂いたので、お醤油でつけ焼きにし、大葉で巻きました。
シンプルですが、さっぱりして美味しいです

昨日の息子の話には、笑ってしまいました
お昼の時間、後ろの席のクラスメートが、「このおかず、昨日の夜あった~」と言っていたとのこと。
他の家でも、毎日のお弁当のおかずには、苦労してるんですねぇ・・・


※ ランキングに参加しています ※

www88_31_1[1]  banner2[1]

よろしくお願いします !
「月見焼きそば」弁当
2008.04.21 003 ロゴ 白

・焼きそば(キャベツ・タマネギ・小松菜・エノキ・魚肉ソーセージ)

・俵おにぎり  ・プチトマト  ・油菜のおひたし


今日は、焼きそばに目玉焼きを載せて「月見焼きそば」にしました。
「月見焼きそば」は、私が勝手に付けた名前ですけどね・・・
焼きそばを具沢山にして、手抜きをカバーしたつもり・・・(笑)。


※ ランキングに参加しています ※

www88_31_1[1]  banner2[1]

よろしくお願いします !
蜆花(シジミバナ)とジャーマンアイリスとイベリス
↓は、バラ科のシジミバナです。
花姿が、貝の蜆の中身に似ていることからの命名のようです。
中国原産。中国では、花の中央のくぼみを "えくぼ"に見立て、「笑靨(しょうよう)」と呼ぶそうです。
ちょっと見、「雪柳」のようですけど、雪柳よりは、大きく1cm位の花です。

2008.04.16 010

↓は、アヤメ科のジャーマンアイリス(ドイツ文目)です。
地中海原産で、花も葉も大きく、存在感がありますね。
花色も豊富です。

2008.04.16 017


↓は、アブラナ科のイベリス・センペルヴレンス です。
難しい名前ですね。別名:トキワナズナ。地中海沿岸地方原産。
"イベリス"は、ヨーロッパのイベリア半島に由来しているらしいです。
石垣を這うように咲いていて、見事です。

2008.04.16 039

「牛肉の生姜焼き」弁当
2008.04.20 002 ロゴ 白

・牛肉の生姜焼き  ・だし巻き卵  ・焼き鮭
・キュウリの塩もみ  ・プチトマト  ・ホタテの醤油焼き


今日は、陸上の大会2日目。
またまた応援で、お弁当持参となりました。
昨日と似たようなお弁当ですね~(汗)。

母子共に、お疲れモード・・・
お休み無しで、明日から5日間のお弁当作りに突入するわけね


※ ランキングに参加しています ※

www88_31_1[1]  banner2[1]

よろしくお願いします !
アケビとハナズオウとルピナス
アケビ科の木通(アケビ)には、雌花と雄花があります。
雌雄同株で、実を付ける大きい方が雌花で、小さい方が雄花です。
葉は5枚に分かれていますが、「三葉アケビ(ミツバアケビ)」は3枚に分かれています。
↓の画像をクリックし、拡大してご覧下さい。

2008.04.16 050 説明

↓は、マメ科の花蘇芳(ハナズオウ)です。
極小花ですが、マメ科なので、やはりミッキーマウス形をしていて、実も付きます。
蘇芳という名は、花の色が、神代から重要な赤色染料とされた”スオウ”の木の染汁の色に似ているからだそうです。紫がかった赤色ですね。
私の母などは、「花珊瑚」と言ってます。確かに、珊瑚に似ているような・・・
わが家にもありましたけど、私が剪定しすぎたのか、枯れてしまいました(涙)。

2008.04.16 038


↓は、マメ科のルピナスです。
別名を「昇藤(ノボリフジ)」というようですが、母は、藤を逆さにしたようなので、「逆さ藤」と呼んでいます。
古代エジプト時代から栽培されているんだそうです。
花穂が個性的ですが、葉もヤツデのようで、人目を惹きます。

2008.04.16 051

「ベーコンとピーマンのソテー」弁当
2008.04.19 005 ロゴ 白

・ベーコンとピーマンの塩・コショウソテー ・ゆで卵
・プチトマト  ・鰯バーグの青紫蘇添え  
・キュウリの塩もみ  ・茄子の鍋しぎ


昨日は大会があり、息子は応援のみですが、お弁当が必要となりました。


※ ランキングに参加しています ※

www88_31_1[1]  banner2[1]

よろしくお願いします !
コッペパン
2008.4.19 001 ロゴ 白

クープ入りのコッペパンを作ってみました。
クープの入れ方が浅かったのか、申し訳程度の伸びでしたけど・・・

コッペパンサンドにして食べたら、美味しかったです

2008.04.19 003 ロゴ 白

・レタスとウインナ
・卵とキュウリ
・マーマレードとマーガリン


※ ランキングに参加しています ※

www88_31_1[1]  banner2[1]

よろしくお願いします !
「細巻き寿司」弁当
2008.04.18 006 ロゴ 白

・小女子入り卵焼き  ・里芋・人参・タコ天の煮物  
・焼きうどん(ピーマン・エリンギ・キャベツ・人参入り)
・プチトマト  ・焼き餃子  ・水菜のおひたし 
・梅キュウ細巻き

今日は、梅肉とキュウリを芯にした細巻き弁当にしてみました。
超~忙しい朝でした

卵焼き用のフライパンを買いました。
今までは、卵1個用でしたので、少し大きめサイズにしました。
余り焦げ付きも無く、以前より卵焼きが作りやすいので、気に入りました


※ ランキングに参加しています ※

www88_31_1[1]  banner2[1]

よろしくお願いします !
「みたらし団子」
2008.04.18 003 ロゴ 白

上新粉を使って、みたらし団子を作ってみました。
上新粉150gに対し、熱湯200ccの割合で、蒸し器を使って蒸した団子に、タレをかけてます。
タレは、
砂糖      60g
片栗粉    大1
醤油     大2
みりん    大1
水       110cc
の割合です。
家族には好評でしたけど、もうちょっと、煮詰めた方が良かったかも。

作りたてが、食べ時です。時間が経つと、硬くなってしまいますので・・・


※ ランキングに参加しています ※

www88_31_1[1]  banner2[1]

よろしくお願いします !
白い花々
ウォーキング途中の白い花々にも惹かれます。

↓は、鉢植えの姫林檎(ヒメリンゴ)(バラ科)の花です。
小さな木に花が沢山! 秋に、どの位実がなるのか、興味津々です。

2008.04.16 028

↓は、石楠花(シャクナゲ)です。
花が集まって咲きますので、華やかです。
ツツジ科なので、ひとつひとつの花は、ツツジと同じ形。
福島県と滋賀県の県花のようです。

2008.04.16 023

↓は、私の大好きな灯台躑躅(ドウダンツツジ)です。
ドウダンツツジは、真っ赤に色づく紅葉も素晴らしいです。
コチラもツツジ科ですけど、花の形は・・・
パフスリーブのような、シャンデリアのような、壺のような形の小さな白花です。
思わず、手のひらで、ついてみたくなる可愛さ!

2008.04.16 021

「ミニ春巻き」弁当

2008.04.17 003 ロゴ

・ミニ春巻き  ・プチトマト  ・あらびきハムのソテー
・水菜の胡麻和え  ・カボチャ煮  ・焼き鮭
・目玉焼き


「ミニ春巻き」は、茹でて殻をむいたエビとニラに、おろし生姜・酒・だし醤油・片栗粉を加え、まとめたものを揚げてます。
皮で巻いたら、水っぽくならないうちに、すぐに揚げたほうが良いですね。
エビとニラの組み合わせは、goodでした


※ ランキングに参加しています ※

www88_31_1[1]  banner2[1]

よろしくお願いします !
紫系統の花
道端や畑に咲いている、紫系統の花が気になります。

↓は、芥子(ケシ)科の紫華鬘(ムラサキケマン)です。

2008.04.16 031

茎も葉も吹けば飛ぶよな弱々しさですが、雑木林の足元で、しっかりと自己主張しています。
ホトケノザに、色も花姿も似ているような気がします。
黄華鬘(キケマン)というのもあるようです。

華鬘(けまん)て?
仏前を荘厳(しょうごん)するために仏殿の内陣や欄間などにかける仏具。金銅・牛革製の円形または楕円形のものに、唐草や蓮華(れんげ)を透かし彫りにして、下縁に総状の金物や鈴を垂らすもの。
だそうです。

↓は、紫蘇科の姫踊子草(ヒメオドリコソウ)です。

2008.04.16 034

段々状の葉が特徴で、こちらは、さらにホトケノザに似ています。
雑草ですけど、良い名前が付いてますね。

↓は、言わずと知れた菫(スミレ)です。
実物は、もっと紫色なんですけど、写真に撮るとこんな色に・・・
スミレという名前は、花の形が、大工道具の「墨入れ」に似ていることに、由来しているようです。
別名:「墨入れ(スミイレ)」「相撲取草(スモウトリグサ)」 。

わが市には、芭蕉の有名な句
「山路(やまじ)きて なにやらゆかし 菫草(すみれぐさ)」
の碑があります。

2008.04.16 036

↓は、豆科の烏野豌豆 (カラスノエンドウ)です。
豆科らしく、ミッキーマウスのような花の形ですが、余りに小さくて、画像ではわかりにくいですね。
サヤエンドウの小型版と思っていただければ・・・
こんなに小さくても、チャンと、サヤが出来ます。
さらに小さいものに、スズメノエンドウというのもあるらしいです。

2008.04.16 043

↓が、豆科の豌豆(エンドウ)。いわゆる、サヤエンドウ、グリンピースです。
古代ギリシャ時代から栽培されているそうです。
白花もあります。
サヤエンドウは、好きな野菜です!

2008.04.16 041

「サンドイッチとおにぎり」弁当

2008.04.16 004 ロゴ

サンドイッチ(玉子とハム ツナとキュウリ)

おにぎり(にんじんふりかけ 青紫蘇ちりめん)


サンドイッチだけでは、足りないかなと思い、おにぎりをつけました。
夫には、1個だけ・・・

画像が暗いです
私が写真を撮っているところは、太陽が低い位置にある冬場は適してますが、太陽が高くなると、ご覧のような画像に・・・(汗)。
腕も悪いんですけどね・・・


※ ランキングに参加しています ※

www88_31_1[1]  banner2[1]

よろしくお願いします !
「チューリップ」
一口にチューリップ(ユリ科)と言っても、いろいろな種類があるんですね~。

1色とバイカラー、一重と八重、花びらがフリル状に縮れているもの、花が広がって咲くもの・・・
品種改良されて、どんどん珍しいチューリップが誕生してるようです。

チューリップの原産国はトルコで、ペルシャの古語の「tulipan(頭巾)」が語源だそうです。
富山県と新潟県の県花。

↓は、ウォーキングの途中で見つけたチューリップです。

2008.04.16 015

2008.04.16 012

2008.04.16 011

2008.04.16 013

2008.04.16 026

2008.04.16 014


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。