独り言、あれこれ

今日の日付入りカレンダー


07 ≪ 2008/08 ≫ 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カテゴリー

リンク

プロフィール

梅もどき

Author:梅もどき
※保存食作りを趣味にしています。中でも、梅干し作りには、思い入れが深いです。
※コメントは、都合により閉じさせていただいています。
※リンク用バナーにどうぞ↓
独り言、あれこれバナー

♪BGM

©Plug-in by PRSU

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツ菓子
ドイツ菓子の詰め合わせを頂きました。
神戸に本社のあるユーハイムの製品でした。
「ユーハイム」というのは、ドイツ人創業者の名前で、80年以上の歴史があるお店なんですね。

2008.08.31 003 お菓子

で、中身はと言いますと・・・
ドイツ菓子の王様と言われるBaumkuchen(バウムクーヘン)と山型をしたDREI BERGE(ドライベルク)でした。
ドライベルクは、チョコレート味・レモン味・クランベリー入りアーモンド味の3種類。
どれも、それぞれに美味しい~!

リーフレットによりますと、「ドイツ菓子の伝統は、材料の持ち味を最大限に引き出した『自然の風味』」だそうです。
深~い味わいのお菓子でした。
スポンサーサイト
茄子の生姜入りあんかけ
知人が、茄子の生姜入りあんかけというレシピを教えてくれました。

2008.08.29 003 茄子


(材料4人前)
なす・・・・・・・・・・ ・・・・・6本
出し汁 ・・・・・・・・・・ 2カップ
しょうが汁 ・・・・・・・・・ 少々
むきえび ・・・ ・・・・・・・ 100g
しめじ ・・・・・・・・1パック(少)
A(片栗粉・・大1  砂糖・・大1 醤油・・大2  酢・・大1  水 ・・大1)
(作り方)
1.なすはへたを切り落とし皮をむき、4つに切り、水にさらしておく。
2.鍋に出し汁を煮立たせ、なすとしょうが汁を入れ弱火で煮る。途中でえび、シメジを入れて一緒に煮る。
3. なすが煮えたらAをからませ、とろみをつけ、なじませる。なすの形をくずさないように器に盛る。


カツオの出し汁と生姜と酢のたれは、とっても上品なお味でした。
さっぱりしてて、ヘルシーメニューですね。
わが家には、塩気が少々不足してましたので、お醤油を大1追加しました。
甘納豆と胡桃入り食パン
強力粉260g+グラハム粉40gに、甘納豆110gと胡桃25gを入れて焼きました。
甘納豆の量が、中途半端かな・・・
でも、しっとり焼けたので、良しとします

2008.08.28 007 パン

まだ、一袋甘納豆が残ってます・・・
茄子のステーキ
キュウリに続いて、大量の茄子を消費しようと、見つけたレシピです。

Cpicon いけるよ♪茄子のステーキ by commeline

2008.08.27 008 茄子ステーキ

焼き茄子は、手で皮を剥くのが面倒ですけど、このレシピは予め皮を剥いてから、フライパンで焼くので作りやすいです。
弱火でゆっくり焦げ目を付けてから、味付けしました。

焼き茄子より美味しいと、家族にも大好評でした♪
丸ごと茄子を使うので、大量にはけるし・・・
また、作ろっと
男子400mリレー
オリンピックも終わり、涼しさも手伝って、季節の移り変わりを実感しています。

オリンピックでは、人それぞれ、心に残る競技があったことと思いますが、私は、息子が陸上競技をしていることもあり、男子400mリレーが印象に残りました。
もちろん、ライブで観戦しましたよ。

バトンミスによる強豪チームの脱落というアクシデントが、日本に幸運をもたらしたのは事実ですが、
チームの結束力が銅メダル獲得という結果につながったのだと思います。

"流れるような"と形容されたバトンパスは、何度見ても感動もの!
日頃、息子がバトンの練習の大切さを口にしていたのが、理解できました。

陸上競技は個人種目が多く、チームで競技するのは、「リレーと駅伝」位かと・・・
「パトンパス」とか「タスキをつなぐ」と言う言葉の重みも実感しました。
個々の力では、外国勢に劣っても、チームの力でメダルを獲得できる「団体競技」の魅力も知りました。

スポーツ観戦で、こんなに感動したのは久々かな。
4人のアスリートに、感謝、感謝です。
キュウリの豆板醤漬け
育ちすぎのキュウリを消費しようと、COOKPADさんのレシピを検索して見つけました。

Cpicon 激辛★きゅうりの豆板醤漬け by oBsession

2008.08.24 001 キュウリ

レシピの調味料は、醤油・酢・ごま油・豆板醤ですが、白胡麻をプラスして、豆板醤を控え目にしました。
漬け物は浅漬け好みなので、漬けてすぐ食べましたけど、程よく味が絡んでいて美味しかったです
絵手紙の・・・
絵手紙の講師から頂いた名刺です↓

2008.08.24 002 名刺
和紙の名刺の裏に、花が咲いた茗荷の絵と、味のある言葉が添えられています。
いかにも絵手紙の先生らしい名刺です。
肉筆の名刺って、温かみがあって良いですね~!

その先生作の絵手紙ごよみです↓

2008.08.24 003 絵手紙ごよみ

先生の温かい人柄がにじむ絵と言葉に、癒やされます。
ハワイアンキルト
知り合いから、ハワイアンキルトのポーチと小銭入れを頂きました。

2008.08.19 002 キルト

2008.08.19 003 キルト裏

そもそも、ハワイアンキルトって?

ハワイアンキルトは1820年代、ヨーロッパからやってきた宣教師の妻達によって、ハワイの上流階級の女性達に紹介されたパッチワークキルトが始まりです。
現代ではカラフルなハワイアンキルトをたくさん目にしますが、当時は白い布に赤い布を使ってカットされた様々な植物をアップリケしたものが主流でした。
これが最も古い形式のハワイアンキルトといわれています。

ハワイアンキルトは・・・簡単に説明してしまうと、土台となる布(土台布と呼びます)に花や木などの形になっている布(以下モチーフと呼びます)を縫いつけたものと、キルト芯と裏側の布(裏布と呼びます)を一緒に縫い合わせたものです。(引用)


と、紹介されてました。

これらの作品は、マチの部分やファスナー付けには、ミシンを使ってますけど、他はチクチク、チクチクと手縫いしてあります。
余りに手が掛かっていて、もったいなくて使えません・・・
ゴーヤのペペロンチーノ
ゴーヤを沢山頂きました。
何か変わったレシピはないかなぁと思ってましたら、新聞にゴーヤのペペロンチーノが紹介されてました。

2008.08.18 024 ゴーヤ硝子


ゴーヤ2本 ニンニク4片 唐辛子1~2本 オリーブ油大さじ3

ゴーヤは塩を振り少し置いてから、塩を加えた熱湯で2分ほど湯がく。冷水に取って色止めし、ザルに上げて水気を切る。

フライパンに、スライスしたニンニク、種を除いて小口切りした唐辛子、オリーブ油を入れ、ニンニクがキツネ色になるまで弱火で熱する。

熱々をゴーヤにかけて混ぜ、塩・コショウで味付けする。


★パスタに絡めても、良さそうです。

★ゴーヤは、塩もみしたり、さっと塩茹でしたりすると、苦味が緩和して食べやすいですね。
冷や汁
この時期、あちらこちらで見かける「冷や汁」を作ってみました。

2008.08.20 003 冷や汁

ネットと新聞を参考にして、自分流にアレンジしたレシピは・・・


味噌・・・・・・・・・・・・・大さじ3
白・黒すり胡麻・・・・・大さじ5
砂糖・・・・・・・・・・・・・大さじ2
だし醤油・・・・・・・・・・・・50cc
水・・・・・・・・・・・・・・・・550cc
粉末だし昆布・・・・・・・小さじ1
削り節・・・・・・・・・・・・半袋位

すり鉢に味噌・砂糖・すり胡麻を入れ、すりこ木で良く混ぜ合わせたところに、だし醤油と水・だし昆布・削り節を加えてさらに混ぜる。
きゅうり(塩を振り水気をしぼる)・オクラ・葱・茗荷・大葉を載せる。
そうめんを茹で、茹で茄子と一緒にいただく。


猛暑にぴったりのメニュー!
冷や汁もそうめんも茹で茄子も、冷蔵庫でよ~く冷やすと、一段と美味しく召し上がれます。
冷たいものが苦手の夫に、意外と好評でした
久々のピザ
半年振りに、ピザを焼きました。
トッピングは、タマネギ・ピーマン・コーン・サラミ↓

2008.08.18 018 サラミ

コチラは、ベーコンバージョン↓

2008.08.18 020 ベーコン

多少不出来でも、生地から手作りのピザは、文句なしに美味いです♪

具沢山&チーズたっぷり 手作りの醍醐味ですね!
和の灯り
和風の電気スタンドが、妹の家からわが家に・・・

2008.08.12 004 灯り

形、素材(天然)、色がお気に入り♪

夜、40wの灯りを点けると、毛糸玉(!)の間から灯りが漏れて、何とも幻想的な気分を味わえます。

癒しのインテリア・スタンドといったところでしょうか。
じゃがマヨぱん
超・久しぶりに、パンを焼きました。
COOKPADさんのレシピから、ポテサラの具を包み込んだじゃがマヨぱんです。
Cpicon ✿じゃがマヨぱん✿ by リナリオ

2008.08.14 002 じゃがマヨぱん

2008.08.14 004 じゃがマヨぱんUP

このパン、ポテサラを作る時に取り置いておくと、手軽にできますね。
ポテサラとパンの相性抜群!
ボリュームもあって、満足×2
2008.08.12 008 momo

親戚から、が届きました。
桃をケースで頂いたのは、初めてかも・・・
嬉し~い頂きものです
桃って、見るからに上品な果物!

産地直送(県内産)なので、とっても新鮮。
お店で買う桃は、よくハズレますけど、この桃は大当たり。
適度に硬くて、甘みも十分。
きっと、高かったんだろうなぁ・・・と恐縮してしまいました。

それにしても、桃はデリケートな果物ですから、桃農家の方も大変ですね。
頂いた桃も一部薄茶色になっているものが・・・
これは、急いで食べないと
こんな時に限って、大食漢の息子が合宿で留守なんですよね~。
おはぎ
お盆に、おはぎを作りました。
毎年、母が作ってますが、今年は体調がイマイチなので、私が作ることに・・・

まずは、餡作りから。
小豆500g、砂糖500g(甘さ控え目)を練り上げ、最後に塩少々を加えます。
鍋の底に、カタカナの「ノの字」が書ける位まで煮詰めたら、50gずつ32個に丸めます。

2008.08.12 005 餡

もち米2合とうるち米2合の割合で炊き上げ、塩水をつけたすりこ木で軽くつぶし、俵型に32個作って置きます。
固く絞った濡れ布巾に丸めた餡を広げ、俵型ご飯をのせて包み込みます。
餡とご飯を準備しておくと、あとは機械的に布巾で包んでいくだけなので、手早く出来ます。

2008.08.12 009 おはぎ

2008.08.12 011 おはぎUP

市販のものに比べ、甘さ控え目なので食べ易いと、好評でした。
甘党の亡父には、もの足りなかったかな?
バジル
新鮮なバジルを沢山頂きましたので、以前から気になっていた「ジェノベーゼ 」作りに挑戦!

ジェノベーゼとは、イタリア・リグリア州のジェノバ(Genova)県うまれのソースで、 バジルペーストに、松の実、チーズ、オリーブオイルなどを加えたものです。 (引用)
2008.8.11 002 ベルデソース
ネットや本を参考にして、以下の割合で作りました。


バジル・・・・・・・・・・・・・・・・110g
松の実・・・・・・・・・・・・・・・・・75g
ニンニク・・・・・・・・・・・・2と1/2片
パルメザンチーズ・・・・・・・・・30g
オリーブ油・・・・・・・・・・・・250ml  
塩・・・・・・・・・・・・・・小さじ1と1/2
コショウ・・・・・・・・・・・・・・・・少々


バジルは小さくちぎり、ニンニクはスライスして、全部の材料をミキサーにかけるだけです。
私は保存したいので、一煮立ちさせてから、煮沸消毒した瓶に詰めました。
作っている途中で一舐めしてみましたら、ものすご~く良いお味♪

で・・・
ジェノベーゼソースを使ったパスタを作りました。
茹で上がったパスタに絡めるだけですが、コクのある味に大満足

2008.08.11 002 ジェノベーゼ

もう一品は、無塩の焼き鮭にかけてみました。
コチラは、鮭の脂と相俟って、ヤヤしつこい感じでした。

2008.08.11 005 焼き鮭

バターロールに塗ってみましたら、これはヒットでした。
ジェノベーゼソースは、淡白なものと相性が良さそうです。
こうなると、バジルを栽培してみたくなりましたけど、妹の話では、虫がついて食べられなかったそうな・・・
どうしたものか。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。